menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

教養

2012年3月号

必読!社長が読むべき今月の4冊

2012031_200.jpg★ 最低でも目標予算を達成させる新手法「予材管理」
絶対達成する部下の育て方

横山信弘(アタックス・セールス・アソシエイツ副社長)著
ダイヤモンド社刊 
1,429円(税別)
 

 

■営業が結果を出すために必要なことは、目標に焦点を当てることと
■もう一つはお客様との接触回数を圧倒的に増やすこと
 行動量を増やすために、訪問件数など間違いなく達成できる指標をつくる
 ロックPDCA:プランを行動するときに大切なのは、やりきること
 「予材」=「見込み」+「仕掛り」+「白地」
■「見込み」と「仕掛り」の合計が、目標予算をはるかに超えていること
■「予材」は目標予算の2倍の材料を積み上げるのが基本
■「そよかぜ型」の営業チームと「ツイスター型」の営業チーム

btn_amazon.gif

 

 


 

2012032_200.jpg★企業自らメディア化すべし
メディア化する企業はなぜ強いのか?

小林弘人(インフォバーン代表取締役CEO)著
技術評論社刊 
1,480円(税別)
 

 

■自社の伝えたいことをソーシャルメディアに載せてユーザーに届ける
■会社案内のようなウェブサイトの時代はほぼ終わりつつある
■未知の商品なら自社製品だけでなく、業界を覆ってしまうメディアが有効
■ファンからアイデアを募り、そのプロセスをコンテンツにする
■ソーシャルメディアの主導権はユーザーが握っている
■ソーシャルメディアはコントロール不可能だから取り組む必要がある
■ソーシャルメディアは対話によって成立している
■対話は始めたらやめられない。メディア化戦略は継続なのだ 

btn_amazon.gif

 

 


 

2012033_200.jpg★習慣を変えるだけで売り上げは劇的に伸びる!
「稼げる営業マン」と「ダメ営業マン」の習慣

菊原智明(営業サポート・コンサルティング社長)著
明日香出版社刊 
1,400円(税別)
 

 

■「稼げる営業マン」と「ダメ営業マン」の違いは「習慣の違い」
■ダメ営業マンはトークの練習をし、稼げる営業マンは聞く練習をしている
■稼げる営業マンは自社の商品をベタ褒めしない
■稼げる営業マンは言い訳をしないで実行する
■稼げる営業マンはいい反省をして、ダメ営業マンは悪い反省をする
■稼げる営業マンはお客様への感謝の気持ちを忘れない
■稼げる営業マンは人とは違うことを習慣としている
■稼げる営業マンの習慣をよく観察しよう 

btn_amazon.gif

 

 


 

2012034_200.jpg★真実は実践と共にある!
ビジネス真実践

中久保浩平(営業・マーケティング戦略コンサルタント)著
アルマット刊 
1,200円(税別)
 

 

■過去の失敗事例を棚卸ししてみよう。宝の山が見つかるはずだ
■商売にとって一番大切なことを見失うと失敗する
■しがらみや常識に捉われては成功も失敗も、学びも成長もない
■ライバルが近くに来たら歓迎しよう
■仕事やお客様を獲るという言葉は禁句にしよう
■差別化をしようとするほど失敗する
■差別化とは、「するもの」ではなく、結果的に「そうなっている」もの
■陰徳陽報をふまえたサービスを行おう

btn_amazon.gif

 

 

2012年2月号前のページ

2012年4月号次のページ

関連記事

  1. 2015年7月号

  2. 2018年5月

  3. 2013年7月号

最新の経営コラム

  1. 第183話 ボタンを掛け違えたM&A

  2. 第153話 さとう@川崎市☆新百合ヶ丘 ~地域密着でがんばる凄い海鮮ちらしの寿司屋

  3. 第195回 BCP(ビジネス・コンティニュー・プラン=事業継続計画)について

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. 社員教育・営業

    第147回 コミュニケーション上手になる仕事の進め方70「言葉を添える」
  2. 健康

    第51号 「正しいゴールセティング」
  3. 人間学・古典

    第9回 「あぁ大丈夫かくのごとく」劉邦の大きさ
  4. 税務・会計

    第28回 危機対応による役員報酬の減額は、年度の途中でも構わない
  5. 経済・株式・資産

    第46回 同社躍進の方法論は、意外に汎用性があるかもしれない:「プリマハム」
keyboard_arrow_up