menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

製造業

第265号 桁違いの「ダントツ」を追求して、新製品をつくれ

柿内幸夫─社長のための現場改善

 皆さん、こんにちは。今回も私の著書「改善の急所101項」から1項を紹介し、実践編として実例を挙げます。

【急所93】少なくとも10倍や10分の1など、桁違いを追求して新製品を造れ。(212頁)
 
 相変わらず毎日暑い日が続いていますが、皆様いかがお過ごしですか? 私は比較的早寝早起きの生活をしているので気付いたのですが、朝の明るくなる時間はだいぶ遅くなって来ています。そして、夕方暗くなる時間も少しずつ早くなっています。8月も残りあと僅か、暦の上ではもうすぐ秋です。早く涼しくなってほしいですね。
 
 さて、今回は新製品の開発について考えてみたいと思います。
 
 製品の開発というと、なにか新しい発明やとてつもないヒット商品のイメージを持たれるかもしれません。しかし今回はそうではなくて、現場改善を通じてモノづくりのレベルを格段に上げ、その結果、ダントツの市場評価を受けて、ライバル商品との大きな違いを生み出すアプローチをご提案したいということです。
 
 ところでリーマン・ショック後、モノの値段が格段に安くなったと言われていましたが、最近は少しずつ値段が高い商品も売れ始めているそうです。私もそう実感しています。これはどういうことかなと思っていましたが、先日ある方から、なるほどと思う説明を受けました。
 
 それは、「値段が劇的に下がった当初は、激安値段でモノが買えるという、これまでになかった驚きがあって、消費者は喜んで安いモノに手を出した。しかし、消費者もだんだんと目が肥えてきて、最近は値ごろ感に従ってモノを買うようになっている。すなわち、安ければよいではなく、高くてもそこに新たな価値があれば買うし、安くてもそこに従来ほどの価値を感じなくなってしまえば買ってくれない」ということでした。
 
 つまり、これからは、同じモノを作るのでも作り方を考えて、その商品に求められる価値をダントツレベルに高めることが、今の時代のモノづくりにおけるニーズだと考えるべきだと思います。そして、「ダントツなレベルの付加価値を付ける」ということは、いちいち説明しないでもお客様がひと目見れば、その違いが分かるようなレベルを言います。
 
 たとえば埼玉県のB社では、工場の5Sを徹底的にお客様の視点でやるようになりました。入り口の製品ディスプレイは製品をただ並べていただけでしたが、改めて工場の特長をアピールする表示を分かりやすく追記したり、色使いや並べ方を工夫して、お客様の目を引くようにしました。
 
 また、工程表示や棚の表示なども、お客様目線でひと目見てその内容が分かるように、大きくて読みやすいものに作り変えました。設備レイアウトは、不要な設備は廃却して完全に工程順とし、ひと目で流れが分かるようになりました。
 
 すると、以前の様子を知っている方から見ると、全く別の工場に見えるくらいの大変化を実現しました。これが「ダントツレベル」です。B社の皆さんはそれを「工場のショウルーム化」と呼んでいますが、その結果、営業の方が新規のお客様を工場にお連れした時の成約率が格段に上がって来ています。
 
 もうひとつ、「ダントツレベル」の良い事例としては、同じく埼玉県のN社における徹底的なリードタイムの短縮です。
 
 これまで3日は必要といっていた生産リードタイムでしたが、約半分の製品は1日でできるようになりました。その結果、営業部門はライバルと比べて圧倒的な短納期をお客様に約束できるようになり、売り上げを伸ばしました。
 
 これもリードタイムが3分の1ですから「ダントツ」です。営業部長のTさんによると、今のお客様のニーズは価格よりも納期に移っており、製造と協力して、何とか全製品を一日以内で作れるようにしたいということでした。
 
 これらの事例以外にも、いろいろな切り口が考えられます。たとえば、もしお客様が望む品質レベルを既に達成してしまっている場合は、現在よりもずっと安価な材料を使って、同じ品質を生み出すことができないでしょうか?
 
 コストに関しては、例えば電気代を半分にしても同じ量の製品を作ることができないでしょうか?電力不足の時代における一石二鳥の改善テーマです。
 
 時代の変化は速いですが、そのスピードと同等かそれ以上のスピードでモノづくりを変えていきましょう。
 

265.jpg

copyright ゆきち先生 http://yukichisensei.com/

 

※柿内先生に質問のある方は、なんでも結構ですので下記にお寄せください。etsuko@jmca.net 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第264号 すぐ使わないモノ、すぐ動かない中間品が減らないのはなぜか前のページ

第266号 顧客を獲得し、熱烈ファンにする「清掃」とは次のページ

関連記事

  1. 第268号 改善の答えは現場にアリ!

  2. 第151号 積極的に!明るく!

  3. 第245号 短期間で生産性を上げる「真似する仕組み」づくりのすすめ

最新の経営コラム

  1. 《特別対談》「すしざんまい」喜代村 社長  木村清×日本経営合理化協会 牟田學

  2. 「会社の健康を守り生産性を上げる法」/精神科医・作家 樺沢紫苑氏

  3. 第69回 奥津温泉(岡山県) 殿様が独り占めした足元湧出泉

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. マネジメント

    交渉力を備えよ(9) ポーツマスへの道
  2. マネジメント

    逆転の発想(22) 需要がなければ作り出せ(阪急グループ創業者・小林一三)
  3. 税務・会計

    第10回 新技術で、お代になる新たなサービスを確保せよ!~その④VR&AR活用で...
  4. 戦略・戦術

    第48話 「いまどきの投資話」
  5. 人間学・古典

    第8回 「四面楚歌」項羽の失敗
keyboard_arrow_up