menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

税務・会計

第23回 短期借入金が、やたらと多すぎることはないですか?
銀行支店長に仕組まれた、短期借入金のワナ

おカネが残る決算書にするために、やっておきたいこと

今回のキーワード
銀行は「短期借入金」での融資をやりたがります

「短期借入金」は本来、運転資金のための融資です。ところが、決算書を拝見していると、そうとは思えないケースを見かけるのです。
その場合、よくあるのが、「支店長に頼まれて短期で借りました。」というものです。支店長は「短期借入金」を使いたがるのです。
 
その理由は、「短期借入金」なら、支店長決済で融資できるからです。「長期借入金」の場合、本部の審査部を通す必要があります。となると、時間もかかるし、当然、稟議書が必要になります。要するに、面倒くさいのです。
 
借りる側も無頓着で、「短期」でも「長期」でも構わない、と考えがちです。しかし、本来長期のものを、短期で借りることにより、流動比率など、経営指標がバランスを崩します。少なからず、銀行格付(スコアリング)の点数に、影響を及ぼします。
支店長に勧められたからといって、安易に「短期借入金」で資金調達をしないでほしいのです。
 
 
bspl2_23.jpg

第22回 「決算書一式お願いします。」と銀行が言っても、全部渡してはいけない前のページ

第24回 勧められるがまま、生命保険に入っていませんか? 保険屋のおばちゃんに気をつけろ!次のページ

関連記事

  1. 第10回 
    含み損のある資産は、すべて整理しておきなさい!

  2. 第8回 
    高額退職金を受け取り、株価を下げておきなさい。~その② 社長の役員報酬、低すぎませんか?~

  3. 第9回 
    新技術で、お代になる新たなサービスを確保せよ!
    ~その➂AI導入で、人海戦術を減らせ!なくせ!~

最新の経営コラム

  1. 第169回 「達人に学ぶ①アパホテル 元谷拓さん」

  2. 第4講 まず、担当者がお客様との正しい関係に合った対応をすること!

  3. 第19回 成長するフィンテック企業の戦略 ~ クラウドファンディング Makuake ~

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. 経済・株式・資産

    第18話 大きな含み資産を持つ債務過多の黒字会社は難しい
  2. 相続

    第6回 後継者に、株式買取資金を少しでも確保させていますか?
  3. キーワード

    第148回 春節
  4. 戦略・戦術

    第11話 「新会社法で争続防止」
  5. サービス

    97軒目 地産地消の餃子
keyboard_arrow_up