menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

税務・会計

第47回 管理コストがかかる手形・小切手、いつまで使うのですか

おカネが残る決算書にするために、やっておきたいこと

今回のワンポイント講座(5分53秒)

今回のキーワード「紙の手形廃止は2026年」

 手形決済のルールは今後、大きく変わります。

  1. 2024年 120日の期限が60日になります。
  2. 2026年 紙の手形が廃止され、電子手形のみになります。

 手形という制度は日本特有のもので、支払いを先送りさせるための制度です。明治時代に開設された、手形交換所の名残です。しかし、世界的な視点で見れば、支払いは早くするのが当たり前なのです。(締め後30日以内が標準です。)

 海外投資家から見れば、支払が遅い会社は資金繰りに問題がある会社、と評価されるのです。

 併せて、手形帳や小切手帳は、2021年1月より、すでに値上げとなっています。例えばみずほ銀行なら、

  • 手形用紙  3300円 → 11000円
  • 小切手用紙 2200円 → 11000円

 と、ものすごい値上げ率です。銀行にすれば、紙での処理は人件費などのコストが多くかかるので、すぐにでもやめたいのです。だから極端な値上げ作戦に出たのです。

 今のところ、電子手形は2026年以降も残ることになっています。が、本来の趣旨からすれば、電子手形もやがては廃止されることになると思われます。

 

第46回 銀行の各種手数料を下げる交渉、していますか前のページ

第48回 削減できる営業所や倉庫はありませんか次のページ

関連セミナー・商品

  1. 社長の決算書の見方・読み方・磨き方

    社長の決算書の見方・読み方・磨き方

  2. 井上和弘の「経営緊急7大インフレ対策」セミナー収録

    音声・映像

    井上和弘の「経営緊急7大インフレ対策」セミナー収録

  3. お金が残る決算書「100の打ち手」

    音声・映像

    お金が残る決算書「100の打ち手」

関連記事

  1. 第10回 
    B/S(貸借対照表)を面積グラフにして、見える化してみる。

  2. 第20回 短期借入金と長期借入金はどう違うのか、ご存知ですか?
    ~設備資金を短期でまかなうのは大間違い~

  3. 第5回 
    金利を下げる交渉をしなさい!

最新の経営コラム

  1. 第7回 新規の売り物・売り先が10%以上占めており、売上総利益を落とさない会社

  2. 第24話 政府が推進する「人的資本経営」と中小企業の人事戦略

  3. 第253回 社長の一問一答「男性社員の育児休暇取得について」

ランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. マネジメント

    第240回 社長として「組織の病」を診る
  2. 健康

    第4回 湯原温泉(岡山県)湯の鮮度が違う「足元湧出泉」
  3. 採用・法律

    第59回 『押印の今後』
  4. 戦略・戦術

    第158号 ネット通販の強みとは
  5. キーワード

    第97回 「中古マンション《最新バリューUP↑》売却術」~大切な資産の価値を高め...
keyboard_arrow_up