menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

教養

第1回 アクションポエム『1%の自分革命』(平野秀典 著)

眼と耳で楽しむ読書術

"アクションポエム"をご存知でしょうか? 
文字通り、ただの詩ではありません。

鑑賞を楽しむためではなく、動くためのもの。
自分や組織の未来を輝かせるためのもの。

一言でいうなら、"ポエム形式で楽しみ、学ぶビジネス書"。

今回紹介する『1%の自分革命』は、
今までのビジネス書とは全く違います。

(『1%の自分革命』平野秀典/プレジデント社)


書籍の帯に「誰にでもできて 誰もがやっていないこと。」と
ありますが、まさにそのとおりです。

人は新しいことに挑戦したい、と思いながらも、
実際には、なかなか行動に移せません。

特に安定した成果が見込める分野で、
新しいことを始めるのには、
大変な勇気がいります。

著者の感動プロデューサー・平野秀典氏は、
これまで10冊のビジネス書を上梓し、
企業セミナーを中心に、数々の実績を重ねてきたベテラン。

55歳、11冊目にして、なお前に進もうという強い意欲が、
収録された43のポエムにあふれています。

本来、ビジネス書に書く内容をポエムで表現するわけですから、
いわゆる説明的なことは一切書けません。

言葉を選りすぐり、
ぜひとも伝えたい重要なところだけに絞り込む。

それはまるで、贅肉を削ぎ落とした末に完成された
彫刻のようです。

その素晴らしさは、
私が関東の人気FMラジオ局・J-WAVEに出演した際、
本書の中から、「初めてを始める」を朗読したところ、
大変な反響があったことでも実証済みです。

ページを開くたびに、
どこかマンネリ化しつつあったビジネスマインドに
赤い炎が灯るのを感じられることでしょう!

さらに、非常に見た目がいいことも、本書の魅力の1つです。

海外のペーパーバックを、さらに上品に、上質に仕上げた雰囲気。
書店のカバーをかけずに、このまま持ち運びたくなります。

手ざわりも素晴らしく、
紙の本ならではの良さを満喫できます。

自宅の本棚に置いてあるだけで、
知的なムードも高まります。

書籍の内容以外にも語りたいことが多い、
本のソムリエ冥利に尽きる一冊です。

尚、このアクションポエムを読む際には、
音楽を流しながらお楽しみいただくと、さらに効果的。

おすすめは、バイオリン奏者・千住真理子さんのアルバム
『日本のうた』です。

(『日本のうた』千住真理子/EMI Music Japan)

千住さんが奏でる、なつかしき日本のメロディーが
心にやさしく響き、雰囲気も読書効果もグンと高めてくれます。

さらに実り多き読書ライフを、ぜひお楽しみください。

 

第2回 『それでもやる』(辰吉丈一郎 著)次のページ

関連記事

  1. 第95回『一流の画家はなぜ長寿なのか』(著:霜田里絵)

  2. 第88回『きちんと理解するイギリスの歴史』(著:内藤博文)

  3. 第10回 『そなえ ~35歳までに学んでおくべきこと~』(野村克也 著)

最新の経営コラム

  1. 第23回「他者志向と自己犠牲」

  2. 第137回  広角レンズ替わり?スマホカメラ裏技

  3. 第132回『エンニオ・モリコーネ 映画音楽術』(著:ジュゼッペ・トルナトーレ)

ランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. 戦略・戦術

    第79話 豊かになった成功企業を相続する時、なぜ、税金を株式相続人から取るのでし...
  2. マネジメント

    故事成語に学ぶ(50) 臣をして忠臣とならしむることなかれ
  3. 人間学・古典

    第5話 「人の道」
  4. 製造業

    第265号 桁違いの「ダントツ」を追求して、新製品をつくれ
  5. 経済・株式・資産

    第46回 同社躍進の方法論は、意外に汎用性があるかもしれない:「プリマハム」
keyboard_arrow_up