menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

戦略・戦術

第5話  「30年に一回の節税策それは社長退職金」

強い会社を築く ビジネス・クリニック

「井 上先生、このごろ本でも講演でもできる限り早く社長を辞めて高額の退職金をもらいなさい。それが節税策になり自社株評価を下げ、次代の者へ株を低価で継承 させるベストの方法であるといわれるのですが…」
P/LとB/Sを持って65歳の社長が我が事務所にお見えになった。
 
「なかなか良い業績を残されましたね。今期は経常利益高は4億円は出るのですね」
「はい、お陰さまで」
「退職金5億円取れますね!」
「え…そんなにもらっていいんですか?」
「嫌ですか?」
「いいえ。そんなにいただけるものであればあり難いことですが。そんなお金、我が社にはどこにもありませんが? まして我が社の税理士が反対す るに決まっていますが…」
又、いつもの会話の繰り返しが続くのである。
 
最適月額報酬×役員係数×在職年数×功績功労倍率
350万円 ×  3  × 38 × 1.25=4億9875万円
で充分計算式は5億円支払える。
 
次に退職理由である。
  1.年齢 65歳       4.社長役職定年である。
  2.後継者が育っている  5.娘婿専務が居る。
  3.業績が良い
充分である。
 
本人の支払う税金はおよそいくらぐらいかである。
(4億9875万円―2060万(20年×40万円+18年×70万円))÷1/2×税率(50%)=1億1953万円
 手取は3億7922万円である。
 
1億円ほど納税を行えば手取りで3.8億円いただけるのである。
これは分離課税で他に収入があっても合算ではない。

 

第4話  「海外から加工度を上げ輸入し人件費を下げよ」前のページ

第6話  「高額退職金を受け取り会社に貸し付けよ」次のページ

JMCAおすすめ商品・サービスopen_in_new

関連セミナー・商品

  1. 第36期 後継社長塾

    セミナー

    第36期 後継社長塾

  2. 社長の財務戦略

    社長の財務戦略

  3. 井上和弘の「経営緊急7大インフレ対策」セミナー収録

    音声・映像

    井上和弘の「経営緊急7大インフレ対策」セミナー収録

関連記事

  1. 第173話 決算対策の時期ですよ

  2. 第10話 「一番の危険判断は土地の購入」

  3. 第165話 果たして 緊急融資で生き延びられるか?

最新の経営コラム

  1. 第72回 生誕100年 池波正太郎の言葉と、手紙

  2. 第74回『プロジェクトエコノミー』~生産性向上の意味合いが変わった、生き残るには早く正確は古い~

  3. 「過去の歴史上の失敗から経営者は何を学ぶべきか」/『「超」入門 失敗の本質』著者 鈴木博毅氏

ランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. 教養

    2017年7月号
  2. 人間学・古典

    第21講 「言志四録その21」誠の物を動かすは、慎独より始まる。
  3. キーワード

    第59号 原宿の行列
  4. 人事・労務

    第12話 スムーズな事業継承のために賃金人事制度を構築
  5. 人事・労務

    第25話 所定内労働時間と賃金
keyboard_arrow_up