menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

戦略・戦術

第5話  「30年に一回の節税策それは社長退職金」

強い会社を築く ビジネス・クリニック

「井 上先生、このごろ本でも講演でもできる限り早く社長を辞めて高額の退職金をもらいなさい。それが節税策になり自社株評価を下げ、次代の者へ株を低価で継承 させるベストの方法であるといわれるのですが…」
P/LとB/Sを持って65歳の社長が我が事務所にお見えになった。
 
「なかなか良い業績を残されましたね。今期は経常利益高は4億円は出るのですね」
「はい、お陰さまで」
「退職金5億円取れますね!」
「え…そんなにもらっていいんですか?」
「嫌ですか?」
「いいえ。そんなにいただけるものであればあり難いことですが。そんなお金、我が社にはどこにもありませんが? まして我が社の税理士が反対す るに決まっていますが…」
又、いつもの会話の繰り返しが続くのである。
 
最適月額報酬×役員係数×在職年数×功績功労倍率
350万円 ×  3  × 38 × 1.25=4億9875万円
で充分計算式は5億円支払える。
 
次に退職理由である。
  1.年齢 65歳       4.社長役職定年である。
  2.後継者が育っている  5.娘婿専務が居る。
  3.業績が良い
充分である。
 
本人の支払う税金はおよそいくらぐらいかである。
(4億9875万円―2060万(20年×40万円+18年×70万円))÷1/2×税率(50%)=1億1953万円
 手取は3億7922万円である。
 
1億円ほど納税を行えば手取りで3.8億円いただけるのである。
これは分離課税で他に収入があっても合算ではない。

 

第4話  「海外から加工度を上げ輸入し人件費を下げよ」前のページ

第6話  「高額退職金を受け取り会社に貸し付けよ」次のページ

関連記事

  1. 第145話 古い生産設備を長く使うな!

  2. 第93話 ダメな会社の経営幹部の価値判断

  3. 第122話 個人保証に頼らない融資は、金融庁の重要施策です

最新の経営コラム

  1. 第183話 ボタンを掛け違えたM&A

  2. 第153話 さとう@川崎市☆新百合ヶ丘 ~地域密着でがんばる凄い海鮮ちらしの寿司屋

  3. 第195回 BCP(ビジネス・コンティニュー・プラン=事業継続計画)について

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. 教養

    第30回 『私の読書遍歴 ― 猿飛佐助からハイデガー』 (著:木田 元)...
  2. 健康

    第36回 甲子温泉(福島県) 濁り湯にはない「透明湯」の魅力
  3. 社長業

    Vol.102 「社長指示を確実に幹部に理解してもらう」
  4. ブランド

    男のオーラ-その1
  5. マーケティング

    第5話 「”儲けのシナリオ”が生み出した売れるチラシ」
keyboard_arrow_up