menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

戦略・戦術

第6話  「高額退職金を受け取り会社に貸し付けよ」

強い会社を築く ビジネス・クリニック

  5億円の退職金、この金をどこから捻出するかである。たいがいの経営者はこの金額はほしいがどこにもその金がないので躊躇してしまう。
 
 5億円の退職金、納税額は約1.2億円、手取金額3億8千万円もらえ、分離課税で税も優遇されている。
 
次にどこから金が出てくるかである。
 
 私はまず、1億円銀行から借入約束を取り付けさせた。後の3億8千万円は、今期4億円の経常利益が発生する。税前利益は赤字、よって税金を支 払う必要はない。予定納税金も還付されて戻る。勿論生命保険の返却金、有価証券、土地、手形による支払等いくらでも支払う方法はある。
 
 剰余金は退職金でふっとんでしまい、自社株の評価も一度にさがり、次は次代の社長に株を売却することである。
 
 すごく簡単なことであるが、経営コンサルタントとして不勉強な未経験の顧問税理士先生に説明・説得しなければならない仕事がある。なにせ退職 金2億円以上のものを支払ったことがない税理士先生が多いのだ・・・・・。
 
 「こんな4億円も利益を出している会社であるから支払える」とおっしゃる方がいらっしゃるが、2億円でも1億円経常でも納税金額さえ調達でき ればあとは分割で支払えばいいし、代表取締役を降りて、平取締役になりその取得金額を会社へ小規模私募債で貸付ければ3~5%の貸付金利も取ることが出来 るのである。

 

第5話  「30年に一回の節税策それは社長退職金」前のページ

第7話  「財務上の見通し」次のページ

関連記事

  1. 第92話 社長の強い自己顕示欲は抑えて下さい。

  2. 第75話 ハイパーインフレは まだまだ起こらない(1)

  3. 第55話 「今年は借金を返して、金利を下げよう」

最新の経営コラム

  1. 第183話 ボタンを掛け違えたM&A

  2. 第153話 さとう@川崎市☆新百合ヶ丘 ~地域密着でがんばる凄い海鮮ちらしの寿司屋

  3. 第195回 BCP(ビジネス・コンティニュー・プラン=事業継続計画)について

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. 仕事術

    第1回 今、携帯型デジタルプレーヤーならソニーの”ウォークマン...
  2. ブランド

    ビジネストリップとクロルカルチャーコミュニケーション その2
  3. 新技術・商品

    第9話 目立たない商品領域で「世界初」を作り上げる
  4. マネジメント

    逆転の発想(23) 新人の経験は邪魔(阪急グループ創業者・小林一三)
  5. 経済・株式・資産

    第41話 PM2.5、鳥インフルエンザ、大地震-習近平体制の多難の船出
keyboard_arrow_up