menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

戦略・戦術

第6話  「高額退職金を受け取り会社に貸し付けよ」

強い会社を築く ビジネス・クリニック

  5億円の退職金、この金をどこから捻出するかである。たいがいの経営者はこの金額はほしいがどこにもその金がないので躊躇してしまう。
 
 5億円の退職金、納税額は約1.2億円、手取金額3億8千万円もらえ、分離課税で税も優遇されている。
 
次にどこから金が出てくるかである。
 
 私はまず、1億円銀行から借入約束を取り付けさせた。後の3億8千万円は、今期4億円の経常利益が発生する。税前利益は赤字、よって税金を支 払う必要はない。予定納税金も還付されて戻る。勿論生命保険の返却金、有価証券、土地、手形による支払等いくらでも支払う方法はある。
 
 剰余金は退職金でふっとんでしまい、自社株の評価も一度にさがり、次は次代の社長に株を売却することである。
 
 すごく簡単なことであるが、経営コンサルタントとして不勉強な未経験の顧問税理士先生に説明・説得しなければならない仕事がある。なにせ退職 金2億円以上のものを支払ったことがない税理士先生が多いのだ・・・・・。
 
 「こんな4億円も利益を出している会社であるから支払える」とおっしゃる方がいらっしゃるが、2億円でも1億円経常でも納税金額さえ調達でき ればあとは分割で支払えばいいし、代表取締役を降りて、平取締役になりその取得金額を会社へ小規模私募債で貸付ければ3~5%の貸付金利も取ることが出来 るのである。

 

第5話  「30年に一回の節税策それは社長退職金」前のページ

第7話  「財務上の見通し」次のページ

関連セミナー・商品

  1. 第36期 後継社長塾

    セミナー

    第36期 後継社長塾

  2. 社長の財務戦略

    社長の財務戦略

  3. 井上和弘の「経営緊急7大インフレ対策」セミナー収録

    音声・映像

    井上和弘の「経営緊急7大インフレ対策」セミナー収録

関連記事

  1. 第169話 今こそデジタル化で固定費を下げよ!

  2. 第35話 新入社員「世に出て戦えるは学歴ではない」

  3. 第165話 果たして 緊急融資で生き延びられるか?

最新の経営コラム

  1. 第23回「他者志向と自己犠牲」

  2. 第137回  広角レンズ替わり?スマホカメラ裏技

  3. 第132回『エンニオ・モリコーネ 映画音楽術』(著:ジュゼッペ・トルナトーレ)

ランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. 製造業

    第284号 出荷に間に合う、最もゆっくりなスピードで造れ
  2. 経済・株式・資産

    第106回「逆風下だからこそコスト競争力が威力を発揮する」やまみ
  3. コミュニケーション

    第60回 手紙の力
  4. コミュニケーション

    第57回 年賀状のマナーと「寅」の言葉
  5. 教養

    2013年10月号
keyboard_arrow_up