menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

キーワード

第53回(モノよりコト、所有欲より経験欲「タミヤプラモデルファクトリー」)

「社長の繁盛トレンド通信」

◆タミヤプラモデルファクトリー◆ 


「モノよりコト、所有欲より経験欲

 

ショップスペースではタミヤの人気商品を販売。もっとも、アトリエで制作するのはタミヤ製品ではなくてもOKだ

店内にはプラモデル作りのプロ「マスター」が在駐。
プラモ作りの疑問などに気軽に答えてくれるのも人気だ
   

デコレーションされたミニ四駆。
女性スタッフの手作りで、
こうした発想がネイル教室などのアイデアに繋がった

RCカーなどもタミヤの人気商品。
「大人買い」と称して、
一度に数万円を使う中年男性もチラホラ見受けられるという

   
 
 

成熟市場で求められるのは「モノ」より「コト」。
「所有欲」より「経験欲」だ――。

絵に描いたようにそれを証明するのが『タミヤプラモデルファクトリー・トレッサ横浜店』だ。

2008年3月に大型ショッピングモール「トレッサ横浜」内にオープンした
プラモデルメーカー"タミヤ"初の公式ショップ。
もっとも、タミヤが得意とする 戦車や歩兵キットなどのスケールモデルを販売するだけの場ではない。
その名の通り、ガラス貼りのアトリエでプラモデルを「作って」「塗装して」「撮影でき る」ことが同店の特長だ。

アトリエの使用料は30分=250円(4時間以上は上限2000円)。
土日ともなれば、30~40代の男性を中心に全20席が埋まり、
プラモデル販売とあわせて1日30万円超の売上を誇る。
コレは通常の模型店の数倍にあたるという。

中年男性を中心に支持を得た理由は、まず「心おきなくプラモデルづくりができる環境」を提供したことだろう。
マニアならずとも「少年時代に味わったプラモ デル作りの楽しさを、再び味わいたい!」と
考えている人は多い。しかし、都市部の住宅事情がそれを許さない。
狭い我が家で模型や工具をひろげたら、「邪魔だ」「塗料がくさい」と
奥さんや子供から文句を言われるのが関の山だ。

「しかしココならじっくりと同好の士とプラモデル作りに没頭できる。
プラモ作りのための男の隠れ家なんですよ」(同店の企画・運営を手掛ける今関商会・久場勇氏)

それだけにアトリエは、シックな黒塗りの壁に、
自動車やバイクなどのボックスアートが飾られた「男の城」的佇まい。
一人づつイスと机を独占でき、無料で工具やエアブラシも借りられる。
制作途中のプラモデルを置ける有料ロッカーも完備しているので、
「仕事帰りに気軽にプラモ作り…」などという使い方もできる わけだ。

「コミュニティの魅力」も見逃せない。
『そのエンジンのところ、うまく塗ったなあ』『エアブラシの使い方、ちょっと教えてよ』。
アトリエでは単に黙々と作 業するのみならず、利用者同士が互いの作品を見せあったり、
技術を教えあうというシーンも多く見受けられるという。

背景にあるのは、街の模型店の衰退だ。
かつては子供から大人までが集い、情報交換できるような模型店が多くの街にあった。
ところが、量販店などでプラモデルが安く手に入るようになると、こうした店の多くが廃業。
同時にプラモデル作りの大きな魅力であった「プラモデルを通した交流の場」も無くなってしまった。
こうしたコミュニティの場を新たに創出したことも、
タミヤプラモデルファクトリーの大きな成功要因というわけだ。

同店を企画した今関商会は、地元を中心にバッティングセンターや釣り堀などを展開している企業だ。
先述した「モノよりコト」の消費者の変動を肌で感じていたからこそ
「プラモデル作りのアミューズメント的ショップがあったらウケる」と着想。
タミヤに企画を持ち込み、実現に至ったわけだ。

「素人だからこそできた発想。
いくら良いモノでも、ただそれを置けば人が来るという時代ではありませんからね」(前出・久場氏)

今はアトリエスペースを使い、女性向けのネイル制作教室なども手掛け始めている。
実はプラモデル作りに使う技術や塗料は、そのまま女性の付け爪作りに流用 できるからだ。
「スタッフの女性がキラキラしたラインストーンなどで
デコレーションしたミニ四駆を作っていたことから発想した(笑)。
これがうまくいけ ば、平日日中のアイドルタイムに主婦の方々に
利用していただけるかもしれない」(久場氏)。
これも単なるプラモ販売店だったなら、絶対に出てこない発想だ ろう。

どんな成熟市場にも必ずスキマはあるものだ。
また、そんな「脱・成熟」のカギは、別業界の発想、素人の着眼にあるのかもしれない。
(カデナクリエイト/箱田高樹)



◆社長の繁盛トレンドデータ◆

『タミヤプラモデルファクトリー トレッサ横浜店』

神奈川県横浜市港北区師岡町700番地

TEL:045-534-2406

http://www.tressa-yokohama.jp/

第52回(相性の良いサービスを組み合わせる「ミューズ治療院」)前のページ

第54回(商品選びを手助けする仕組みをつくる「野菜ソムリエの店 エフ」)次のページ

関連記事

  1. 第33回(普段使いを意識させる)「Freiheit フライハイト」

  2. 第64回(「無料&放置の“オープン戦略”で活気を呼び込む はんだづけカフェ」)

  3. 第60回(「漫画全巻ドットコム」)

最新の経営コラム

  1. 第四十一話 認知度アップの鍵! Instagramを効果的に活用する方法

  2. 第11話 職種によって評価要素ごとのウエイトを加減すべきか

  3. 第148回 中国の不動産バブル崩壊と金融リスクは要注意

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. 経済・株式・資産

    第69話 共感を呼ぶAIIB構想力
  2. 社員教育・営業

    第48話 成長課題 管理職の部下育成術(48)
  3. キーワード

    第58回 《日本に勝利をもたらす外国人選手・ハーフ選手の活躍に注目》~外人なら...
  4. 不動産

    第88回 「 LD 」「 洋室 」「 和室 」等全ての「 居室 」をエアコン設置...
  5. 後継者

    第8回 親側の教育 リタイアは歓喜
keyboard_arrow_up