menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

人間学・古典

第三十三話 「足らざるを知る者は」

中国哲学に学ぶ 不況は会社守成の好機

“足らざるを知る者は学を好み、下問を恥ずる者は自ら満す”(一程粋言)

(自分に何か足りないと自覚できる人は学ぶことを好むし、人に問うのを恥じる人は自己満足に陥る)

この言葉の意味を私も体験している。
十四才で見習い行員として銀行に入り、夜学を卒業した18才で父と死別、祖父以来の多額の借金を引き継いだ。
それらの苦労で円形脱毛症にかかり、半年休職したら昇給ストップ。
そのため、全行最低の給料に転落“学なし、地位なし、金もなし、頭髪もなければ、青春もなし”の五無才。

しかし、これを嘆いているほどの余裕はない。幼い弟妹三人の教育がある。
少なくとも自分より上級の学歴を持たせたい。

このように“足らざるを知る者”とこではない。心ならず足らざるを知らされてしまったわけである。

当時、五無才のまず一つをなくそうと考えた“学なし”からとして、すべて借本だったが
中国の先賢の書を読み続けてきたという次第。

実務的な書物ではなく、心の勉強とでもいおうか。実務的な読書は、現役を去れば不要になるが、
心の勉強は死ぬまで役立つ。

読書とは健康長寿の妙薬。いま私の年はまだ九十八才。
“足らざるを知る者は”いま私の足らないことは九十八才ではまだなのである。


※一部旧字を現代漢字に変更させていただいております。

第三十二話 「涙を振って馬謖を斬る」前のページ

第三十四話 「一利を興すは一言を除くに如かず」次のページ

関連記事

  1. 第二十六話 「難によりて材をあらわす」

  2. 第七話 「肉を割いて腹に満つ」

  3. 第三十一話 「功労」

最新の経営コラム

  1. 第103回「惜しげもなく捨てる経営が、成長の推進力」サイバーエージェント

  2. 第176回「アラカルトでこそ、気配りの差がつく」

  3. 第25回 百年体系

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. 人事・労務

    第25話 社長・重役報酬の正しい決め方
  2. 人事・労務

    第8話 正社員の給料は条件付の年俸です
  3. 税務・会計

    第41回 【経理部門・若手社員の離職率を下げる】3つのポイント
  4. サービス

    96軒目 地方郊外で和食店が成立する条件
  5. 戦略・戦術

    第166話 マサカの坂は 8年~10年ごとにきます
keyboard_arrow_up