menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

マネジメント

第四十一話 知るは力なり(ブリッジアカデミー)

社長の口ぐせ経営哲学

グローバルな社会、新しい国際人が活躍する時代である。
“新しい国際人”を育成し、国際交流の架け橋を目指すのが
株式会社ブリッジアカデミー(本社・東京都新宿区、鈴木修一社長)。

語学教室事業と外国人に特化した人材派遣業の二本柱を事業内容にする勢いのある企業である。
同社のグループ会社が日本語学校を運営して20年の実績を持ち、
“語学習得”のノウハウを活かした教育ビジネスのパイオニアでもある。


「日常会話からビジネスで役に立つ語学まで」の年齢、性別を問わない、
幅広く勉強したいという人向けのスキルに合わせたカリキュラム方式である。
「自然体で楽しく、着実に学ぶ」ことをモットーに、時代の要請に応えるための専門の語学ビジネス事業である。
国際交流の仕事を手掛けて、約2000名以上の留学生を卒業させている実績がある。


最近、新国際人の育成のニーズが増えて、人材派遣事業(外国人に特化)が活発化し始めている。
大企業だけでなく、中小企業にもその波が押し寄せつつある。
鈴木社長は「充実感の追及」の人生哲学を持ち、社員に対して「充実しているか」といつも呼びかけている。
人生、仕事も含めて、充実する事が最も大事な事と 捉えている。
「語学を学びたい」という国際人の育成をサポートする事業に夢を託せるか、どうかを仕事の原点にしている。


語学を通じての国際交流、人間と人間のコミュニケーションを推進するための架け橋を目指すことが企業ポリシーである。
グローバルな社会にあって、一番重要なキーワードが“語学”といってもいい。「知るは力なり」の口ぐせを持つ。
どういう時代であれ、人と人がコミュニケーションをとる上で、最も大切な事がお互いを知ることから始まっているからだ。


「日本語教師になって海外で活躍したい」「日本語を学んで本国で国際人として頑張りたい」
といったニーズに応えようとしている(株)ブリッジアカデミーで ある。
新しい国際人をどれだけ輩出するか、また、そのお手伝いをすることを企業理念に掲げて推進している。
言葉(語学)で世界が変わる、という信念を持ち 続けている鈴木社長の指揮が、
急テンポで進んでいるグローバル社会の中で注目をされている。

 

                                                                 上妻英夫

第四十話 過ぎたらダメ(スカイ.A)前のページ

第四十二話 「適地、適作」「適材、適所」(農業法人みずほ)次のページ

関連記事

  1. 第四十八話 「慌てず、焦らず、諦めず」(スコッチモルト販売)

  2. 第四十四話 「ツベコベ言わないでやれ」(やまやコミュニケーションズ)

  3. 第五十九話 「何でもできる人材に」(桔梗屋)

最新の経営コラム

  1. 第22話 中小企業にとっての退職給付制度

  2. 第159話 中国の景気悪化より米国発の世界同時不況が大問題

  3. 第244回 社長のセブンルール

ランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. 愛読者通信

    「世界で勝ち抜く 新・日本型《改善》」柿内幸夫氏(柿内幸夫技術士事務所 代表)...
  2. 後継者

    第36回 日本にいながら国際的視野を
  3. 戦略・戦術

    第四十六話 人材採用する前に必ずやっておくべきこと
  4. マネジメント

    第49回 社員の幸せを考えるブレない経営とは?~事例:リーバイス
  5. 人間学・古典

    第21講 「言志四録その21」誠の物を動かすは、慎独より始まる。
keyboard_arrow_up