menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

マネジメント

第五十二話 「情報を共有しろ」(ベストエバージャパン)

社長の口ぐせ経営哲学

動物をモチーフにしたぬいぐるみから雑貨・赤ちゃん商品まで、
企画・製造・販売で着実に成長を続けているのが(株)ベストエバージャパン(本社・横浜市)である。

アメリカ、欧米、韓国、日本でデザイン、中国のグループ自社工場で生産、そして、各国に輸出するメーカーである。
社名の BESTEVERが「常に最高のものを目指し、最高の状態を維持する」である。
消費者が支持するオンリーワンの商品づくりが商品開発のモットーである。


現場に出向いて陣頭指揮を取る長谷川哲夫氏(代表取締役)はソニーに在籍34年間、以後、経営者向けの
勉強会の講師から役員・社員研修のインストラクターを務めたこともある、マーケティングに強いプロの顔を持つ。
自著に「とっておきの営業テクニック」「お客様を100%満足させる」などがある。


仕事には常に問題が発生するものである。セクションごと、大きいことから細かい仕事まで、
“問題”が、仕事そのものと思えるほど、問題の連続である。
ある意味、問題解決が仕事である、という面もあるくらいだ。
成長している会社は、問題を素早く見つけ、掘り起こし、発生する原因を分析、それに対応している。
常に解決策を生み出している。「問題を二度と繰り返さない」という社内の空気のある会社は伸びているといってもいい。


長谷川哲夫氏(代表取締役)は、理論・理屈と実践を上手く融合させている。現場に強い経営者だ。
「情報を共有しろ」と いうキーワードを口ぐせに持つ。
会社経営の理想は「問題のない会社、組織をつくっていかなければならない」という考えである。
だから、日々起こる会社での些細な問題、これを二度と起こさないための手立てを、
経営者から社員全員が共有することが大事だと力説する。


もう一つの口ぐせは「一人一人の生産性を上げて強い会社」を目指すことである、という。
社員には「『合理性』と『効率性』を常に追求しろ」と檄を飛ばす。資料作りにしても時間効率を考えようというわけだ。
たとえば、長谷川代表自らがA41枚の資料作りに、今まで30分以上時間がかかりすぎていたが、
いま、5分間で仕上がるように効率的に仕事をして、率先垂範の姿をみせている。


同社の扱い商品は、1200アイテムと多い。
「品質の良さ」「デザインのかわいらしさ」「手触りのよさ」「リーゾナブルな価格」が特徴だ。
同社は売り上げの追及よりも小さな市場(ペット市場、実際は大きな市場である)で
オンリーワン商品を提供、癒しの提案ができる企業を目指している。
 

                                                             上妻英夫

第五十一話 「すべての恩を忘れるな」(グラムス)前のページ

第五十三話 「自分のことを『プロダクト(商品)』と思え」(小僧com) 次のページ

関連記事

  1. 第五十七話 「寝てる間も考えるくらいでないと、考えてるとは言わん」(京西陣 菓匠宗禅)

  2. 第八十四話 「人のために生きよ」(株式会社ノバレーゼ)

  3. 第三十八話 電話は笑顔で話せ(ソセイバイオ)

最新の経営コラム

  1. 朝礼・会議での「社長の3分間スピーチ」ネタ帳(2024年6月19日号) 

  2. 第214話 「働く人が集まらない!」

  3. 第334回【社長のリーダーシップ編⑩】自分はリーダーのどのタイプ?(PM理論)

ランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. 社員教育・営業

    第128回 コミュニケーション上手になる仕事の進め方49「今年の新入社員の傾向と...
  2. サービス

    41軒目 「くわ焼きを進化させて」
  3. マネジメント

    人の心を取り込む術(1) 心を攻めるは上策、城を攻めるは下策(馬謖)
  4. コミュニケーション

    「慶び/喜び」「心より/謹んで」の違いは?ビジネスで使えるお祝いのフレーズ集
  5. マネジメント

    第23回 特別対談:鳥飼総合法律事務所 代表弁護士 鳥飼重和氏(前編)
keyboard_arrow_up