menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

マネジメント

交渉力を備えよ(29) 安易な条件で妥協するな

指導者たる者かくあるべし

 ロシア太平洋艦隊長官のマカロフの戦死とそれに対する日本側の弔意が事態を動かしたことは前回書いた。

 この時点までの戦費調達のための公債の発行は見通しが暗かった。ロンドンのある金融家は、「60万ポンドまでなら貸そう」と申し出ていた。マカロフ戦死の翌日のことである。

 高橋是清が政府から受けた命令は、1000万ポンド(1億円)の公債による調達である。余りに額がかけ離れている。しかも融資であれば返済期間も短く担保条件も厳しくなる。

 しかし、戦費が苦しくなった政府からは3日後に、「大蔵省証券を発行してもいいから、まずは借りろ」と電報で命じてきた。

 香港上海銀行は、「200万ポンドなら起債を引き受ける」と持ちかけてきたが、償還期間は3年で、これでは公債発行とは名ばかりで融資と同じことである。

 日本政府が決断しているのだから、そこで妥協してもよさそうだが、高橋はより好条件を求めて粘った。戦争の長期化に備えロンドンで公債発行の安定的な枠組みを構築する必要があると見ていた。

 入口で安易に妥協しては、その後も足元を見られて妥協を重ねることになる。交渉で避けるべき要諦だ。

 マカロフ戦死が英紙「タイムズ」に報じられた14日から16日にかけて、既発の日本公債の価格は底を打って反発を始めていた。かたやロシア発行の公債価額は下落を始める。

 戦時の国際金融は非情なものである。戦勝国に乗れば、賠償金を得られて償還も安定する。弱小側に投資するなら、利息を少しでも引き上げて償還期間を可能な限り短くする。

 ハイリスク・ハイリターンで勝ち逃げを目指す。投資家にとってはいずれもが、“うまい話”なのだ。渡り合うには、借りる側も毅然とした態度が不可欠である。高橋はそれを承知していた。

 「潮は満ちつつあるではないか」

 “マカロフ事件”で、英国内の世論は日本に好意的になりつつある。

 4月24日、高橋はロンドン総領事を訪ねてこう見通しを伝えている。

 「1000万ポンドの保証(担保)付き公債を期限7年ないし10年程度の条件で当地で発行する心づもりだ」

 わずか10日で強気になった高橋の“心づもり”には裏付けがあった。

 ある米国人が動きはじめていた。   (この項、次回に続く)

 (書き手)宇惠一郎 ueichi@nifty.com

 

※    参考文献

『高橋是清自伝(上、下)』 高橋是清著 上塚司編 中公文庫
『日露戦争、資金調達の戦い―高橋是清と欧米バンカーたち』 板谷敏彦著 新潮選書
『日露戦争史』横手慎二著 中公新書

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

交渉力を備えよ(28) 文化、理念は大きな発信力をもつ前のページ

交渉力を備えよ(30) チャンスを見極めたら躊躇しない次のページ

関連記事

  1. 交渉力を備えよ(38) 秘かなること味方をも欺く

  2. 万物流転する世を生き抜く(42) 石田三成を翻弄する家康の智謀

  3. 交渉力を備えよ(5) 交渉を動かすのは志と信頼

最新の経営コラム

  1. 第169回 「達人に学ぶ①アパホテル 元谷拓さん」

  2. 第4講 まず、担当者がお客様との正しい関係に合った対応をすること!

  3. 第19回 成長するフィンテック企業の戦略 ~ クラウドファンディング Makuake ~

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. キーワード

    第74回 発想の転換で市場を創造する「《爆伸》食品マーケット」~可能性は無限大...
  2. 社長業

    Vol.29 スロービジネスの本質は一体何?
  3. 健康

    第48号 ボディサイコロジー ~カラダ心理学(2)
  4. 戦略・戦術

    第73話 「銀行との平素のお付き合いを大切にする」という過ち
  5. 社員教育・営業

    第37講 事例を使ってクレーム対応の間違いと、最善の対応を学ぶ(6) ÿ...
keyboard_arrow_up