menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

コミュニケーション

第67回 つけ入る隙を与えない あらたまった書き方

業績アップにつながる!ワンランク上の手紙・メール術

こんにちは、朝晩は秋風を感じるようになりました。変わりなくお過ごしですか。

先日、あらたまった書き方が知りたいという要望を受けました。具体的には、敬語のランクを一ランク上にあげたより丁寧な書き方が知りたいとのこと。敬語のランクを上げることで、より丁寧に気持ちを伝えたいだけでなく、クレームにつながりそうなときや事情があってお願いを断りたいときなどに、相手に尽き入る隙を与えない書き方が知りたいのだそうです。非常にむずかしいですが、大切なことですね。

今回はこの「あらたまった書き方」をいくつかご紹介します。

敬語のランクを上げる

■いつもお世話になっております

 →いつも格別のご高配を賜り、誠にありがとうございます
 →平素より格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます

■お元気ですか

 →お健やかにお過ごしのことと存じます
 →益々ご健勝のことと存じます

■ご無沙汰しております

 →長らくの無沙汰を謹んでお詫び申し上げます
 →不本意にも長らく無沙汰にしており、失礼いたしております

■先日は〇〇をお送りいただき、ありがとうございます

 →先日は〇〇を頂戴し、心より拝謝いたします
 →先日は〇〇をご恵贈いただき、恐縮に存じます

■まずはお礼まで

 →略儀ではございますが、まずもってお礼申し上げます
 →本来であればお目にかかってご挨拶いたすべきとは存じますが、まずもって書面にて謹んで御礼申し上げます

■おめでとうございます

 →恐悦至極に存じます
 →慶賀の至りに存じます

■美味しかったです

 →大変、結構なお味でした
 →舌鼓を打ち鳴らしました

■あいにく出席できません

 →誠に不本意ながら、出席が叶いません
 →大変遺憾ではございますが、出席が叶わずお詫び申し上げます

■本当にすみませんでした

 →謹んでお詫び申し上げます
 →慚愧に耐えず、心より陳謝申し上げます

■どうかお許しください

 →どうかご容赦いただけますと幸甚です
 →何卒、悪しからずご海容くださいませ

■これからもよろしくお願いします

 →この先も倍旧のご厚情を賜りますようお願い申し上げます
 →今後も格別なご厚誼を伏して懇願申し上げます

■お体にお気をつけください

 →ご自愛専一に
 →くれぐれもご自愛くださいませ
 →くれぐれも健康にご留意されますよう、謹んでお願い申し上げます

このひと言で安心「心より」「謹んで」

■心より/衷心より

「感謝いたします」「お詫びいたします」などの前に「心より」をプラスすると、より丁寧な印象に。また、「心より」を「衷心より」とすると、さらにあらたまった感じになります。「衷心(ちゅうしん)」とは「心の底」を意味します。

■謹んで

「謹んで御礼申し上げます」「謹んでお詫び申し上げます」「謹んでお悔み申し上げます」など、「謹んで」をプラスすると、すべての場面においてワンランク上の敬意を伝えられます。ほかにお祝い、お願い、受諾、辞退などあらゆる場面で使えます。

■至極(しごく)

「至極」とは、この上ないこと、極限に達していることをいいます。時代劇などで耳にする「恐悦至極に存じます」とは相手に敬意を払い大変喜ばしく思うという意味。同じように、「感謝してもしきれない」ときには「感謝至極に存じます」という表現もできます。

第66回 明治の文豪に学ぶ 人生を豊かにする手紙術前のページ

第68回 季節の移ろいを言葉で感じて心豊かな秋の時間を次のページ

関連セミナー・商品

  1. 【通信教育】仕事で差がつく!実用美文字・美手紙講座

    音声・映像

    【通信教育】仕事で差がつく!実用美文字・美手紙講座

  2. 【通信教育】仕事で差がつく!「 メール・文章の書き方講座」

    音声・映像

    【通信教育】仕事で差がつく!「 メール・文章の書き方講座」

関連記事

  1. 第60回 手紙の力

  2. 第31回 短い手紙で気持ちを伝えてお客様と信頼関係を築く

  3. 第39回 社内で手書きの手紙を残そう

最新の経営コラム

  1. 第162話 政府も企業も家庭も金欠病

  2. 第65回 答えは自身のなかにある!

  3. 第254回 使う言葉を変えてみる

ランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. マネジメント

    第142回 継続は「文化」なり
  2. 社員教育・営業

    第35話 成長課題 管理職の部下育成術(35)
  3. マネジメント

    第185回 『情熱の火を消さないためにリーダーがなすべきこと』
  4. 健康

    第79号「What does it mean to you ? 」
  5. サービス

    117軒目 《バーボンの品揃え日本一》十年@大阪府大阪市北区
keyboard_arrow_up