menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

健康

第10回 大沢山温泉(新潟県)寒い冬こそ情緒あふれる「雪見風呂」へ

これぞ!"本物の温泉"

■保温効果の高い「熱の湯」
 凍えるような寒い日に入る温泉は、それだけでもありがたいが、寒い日におすすめの泉質が存在する。「塩化物泉」に分類される温泉だ(以前は食塩泉と呼ばれていた)。

 泉質は大きく分けると10種類に分けられるが、塩化物泉は海水の成分に似た食塩を含み、舐めると塩辛いのが特徴だ。海に囲まれた日本では沿岸部を中心に塩化物泉が多く湧き出している。

 塩化物泉は「熱の湯」と称されるように、体の芯まで温まり、湯冷めしにくい。皮膚に塩分が付着し、汗の蒸発を防ぐため、保温効果が高いからだ。したがって、寒さが厳しい冬こそ、体の芯まで温まる塩化物泉がおすすめである。

 塩化物泉の名湯は枚挙にいとまがないが、今回は一風変わった塩化物泉が湧く温泉地を紹介したい。長野県大鹿村に湧く鹿塩(かしお)温泉である。

■山の中なのに海水のような温泉が湧く
 大鹿村は、濃厚な緑がまぶしい山々と村を南北に貫く川が美しい、自然あふれる山村。鹿塩温泉は、南アルプスと伊那山地に挟まれた山深い土地に湧く湯で、日本最大級の断層である中央構造線上に位置している。見渡すかぎり、山ばかりの土地である。

 にもかかわらず、海水と同じ濃度の塩分を含んだ温泉が湧き出している。この地を訪れた人の多くが「なぜ、こんな山奥に海水のような温泉が?」と不思議に感じるが、専門家による調査でも、いまだにその原因は解明されていないという。

 海の近くに塩辛い温泉が湧くのはめずらしいことではないが、海のない長野県の標高750メートルの山中に、海水のような温泉が湧き出しているのは神秘的でさえある。

 鹿塩温泉は小さな温泉地で、「山塩館」と「塩湯荘」の2軒の温泉宿がある。なかでも「日本秘湯を守る会」の会員宿でもある山塩館は、塩分を含んだ塩化物泉(正確には塩化物強塩冷鉱泉)と地元の食材を使った料理が自慢だ。

 1枚ガラスをはめこんだ内湯からは生命力あふれる山の緑を望むことができ、まるで露天風呂のような明るい雰囲気だ。秋は紅葉、冬は雪景色が美しいに違いない。

onsen10_1.jpg

 湯が落ちる音以外何も聞こえてこない静寂の世界。頭はひんやり、体はぽかぽか。いつまでも入っていられそうだ。

 地元の食材を生かした料理も見事。夏に訪れたときには、さまざまな種類の茄子がテーブルの上に並んだ。「茄子にも、こんなに種類があるんだ!」と新鮮な驚きがある。新潟は茄子の作付面積日本一で、20を超える種類があるという。温泉旅館の料理は記憶に残らないものも多いが、里山十帖の料理は個性的で、思い出として心に刻まれる。

 寒さが厳しい冬こそ、雪見風呂が楽しめる旅館を訪ねてみてはどうだろう。温泉の魅力を再発見できるかもしれない。

第9回 四万温泉(群馬県)本当に気持ちいい温泉は「内湯」にあり前のページ

第11回 鹿塩温泉(長野県)凍える体を芯まで温める「塩化物泉」次のページ

関連記事

  1. 第37回 豊富温泉(北海道) まるで石油⁉ 日本一個性的な湯

  2. 第34回 峩々(がが)温泉(宮城県)「飲める温泉」こそ本物の名湯!

  3. 第21回 信玄温泉(山梨県) ビジネスホテルで堪能する極上の「モール泉」

最新の経営コラム

  1. Track6 聞き手のある講演録から学ぶ

  2. 第38回「茶道の入り口」

  3. 第29回 中小M&A増加の背景 

ランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. サービス

    85軒目 気仙沼のふかひれのうまい店
  2. 後継者

    第3回 子供を連れ歩く
  3. 社員教育・営業

    第66講 クレーム対応のルールを間違って理解しているから失敗する(6) クレーム...
  4. マネジメント

    故事成語に学ぶ(29) 知りて言わざるは不忠
  5. 人間学・古典

    第37講 「言志四録その37」老人の一話一言は、皆活史なり。
keyboard_arrow_up