menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

経済・株式・資産

第16話 バランスシートにのらない資産が利益を産む

あなたの会社と資産を守る一手

資産というと、バランスシートの左側にあるものを想像するのが一般的だと思う。
 
たとえば、預金などの流動資産、土地・建物などの固定資産。IT企業ならソフトウェアといった無形固定資産など。
 
ところで、多くの企業の経営者に会ううちに、企業には2つのタイプがあることに気づき始めた。
 
1つは消費者のお客をもっている企業、そしてもうひとつはもっていない企業。
 
前者は問屋などだが、自社が卸している商品が最終顧客にどのように受け入れられるか見届けていないので何を流通させればいいのか、過去のデータでしか判断できない。つまり、時代の流れには遅れて反応する会社となりやすい。
 
ところが、後者の場合、最終顧客(消費者)に直接接しているので、何を作れば、何を流通させれば売れるのかが消費者の反応として即座にわかるので、それによって売上・利益を自社のアイデアで生み出しやすいのだ。
 
この最終顧客をもっているということこそ、じつはその企業にとって大きな資産なのだとつくづく感じる。
 
十年前にマニアックな商品を販売する会社が、会員制のサイトを作り、かんたんな顧客管理のツールを使いネットショップを始めた。もちろんリアル店舗のかたわらなので、たいした効果は期待していなかった。
 
ところが、いざ始めてみると意外なことがわかった。
 
売掛債権の回収が長期化し、資金繰りが苦しいときに、このネットの会員に向けてメールを1回打つだけで、売上が激増し在庫がなくなり預金に変わったのだ。しかも商圏を考えればそれほど増加の見込めない顧客数も激増した。
 
つまるところ、この資産はそれにたいして適切なアクションをおこせば、現金・預金にかえることができるのだ。それゆえに最終顧客が資産といえるのだが。
 
事業がいきづまったときや、経営改善計画を作る必要ができたときに、今一度、このての資産について考え直してみると思わぬ利益がそこに隠れていたりするものだ。

 

第15話 管理することで生まれる利益もある前のページ

第17話 利益はどこから来るか?経営計画を作るなら…。次のページ

関連記事

  1. 第101話 中小企業の事業承継(4)

  2. 第4話 債務者のルール

  3. 第96話 中小企業の粉飾決算(2)

最新の経営コラム

  1. 第32回 経営改善のヒントが見つかる「3つの点検」

  2. 挑戦の決断(41) 新しい国の形を求めて(徳川慶喜・上)

  3. 第58回 奥塩原新湯温泉(栃木県) 肌が生き返る!?天然の泥パック

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. 教養

    第39回 『誰も伝えなかった ランドスケープ・フォトの極意』 (著:相原正明)
  2. 人間学・古典

    第119講 「論語その19」 父在らばその志を観て、父没すればその行いを観る。...
  3. 戦略・戦術

    第171話 自己資本 どうしたら増えていくか? 利益を出せばいいのか?
  4. コミュニケーション

    第33回 今さら聞けない宛名の書き方のマナー
  5. 製造業

    第206号 永沢工機「まとまる台車」の効力
keyboard_arrow_up