menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

社長業

Vol.43 「先送り」こそ最悪の戦略着手

作間信司の経営無形庵(けいえいむぎょうあん)

多店舗展開をしている業種では、どうしてもスクラップ(閉店)をしながら、ビルド(新規出店)をしないと確実な成長は望めない。
 
先週末、仙台を中心に6つの業態で多店展開している社長・専務にお会いしたが、同社も全く同様な状況にあった。特に1つの業態は古く、競争力がなくなっており、撤退こそ最重要な戦略の一つであった。
 
しかしながら、小さな同店でも閉めるとなると、1000万以上のカネが実際にはかかってしまい、担当者任せでは、
  1.自分自身が手がけた店は心情的になかなか閉められない
  2.社員の人にとっては、思った以上にカネがかかるので、
    ビビッてしまいなかなか閉められない
大きな2つの理由で、スクラップが進んでおらず、赤字額が徐々に膨らんでいた。
 
大ナタを振るったり、思い切って店を閉めたり、撤退したり・・・この決断と実行こそ
社長の仕事である。
 
「先送り」が最悪の着手であることを決して忘れてはならない。

 

Vol.42 我が社の日本一を磨き込む前のページ

Vol.44 教育は社長と社員のガマン比べ次のページ

関連記事

  1. Vol.29 スロービジネスの本質は一体何?

  2. Vol.145 「我社の変化、革新をスピードアップさせる」

  3. Vol.161 リーダーが、どこまで本気になれるかで繁盛は決まる

最新の経営コラム

  1. 第169回 「達人に学ぶ①アパホテル 元谷拓さん」

  2. 第4講 まず、担当者がお客様との正しい関係に合った対応をすること!

  3. 第19回 成長するフィンテック企業の戦略 ~ クラウドファンディング Makuake ~

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. キーワード

    第67回 ロボット掃除機
  2. 税務・会計

    第68号 BS「格言」 其の十九
  3. 人間学・古典

    第23人目 「大久保利通」
  4. マネジメント

    第164回 1日の終え方
  5. 仕事術

    第30回 録画番組の、新「CM飛ばし」術
keyboard_arrow_up