menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

社長業

Vol.42 我が社の日本一を磨き込む

作間信司の経営無形庵(けいえいむぎょうあん)

ここ2~3週間のうちに「日比谷公園でのガーデニングウェディング」「2800坪の庭園美術館」「池袋のフードテーマパーク」「沖縄の琉球村」・・・いくつかの施設を訪問した。
 
一般的には、消費不況が叫ばれているが、信じられないほど大繁盛、好評の施設・店舗・行列もいっぱいある。
 
新聞やテレビや雑誌で話題のところには、社長自らが必ず足を運んで、五感をフルに使って観て欲しい。コンセプトに徹底的にこだわり、細部にいたるまで、思わず笑えるほど凝っている。繁盛のヒントがいっぱい見つかるはずである。
 
特に、フードテーマパークは、全国規模の大ブームで、業界No.1のナムコの地方展開は急速に進んでいる。しかも本物志向だ。
 
カリスマ美容師の次は、「カリスマパティシェ」の登場である。
 
インターネットの影響もあり「自社商品を日本一」に磨き込んでいる会社には、各方面から声がかかり、一気に伸びる要素を持っている。
 
「我が社の日本一は、何だろう」が社長と全社員が共通に持たなければならない2004年のテーマである。
 
追伸:「パティシェ」の意味が判らない人はヤバイ。さっそく東京自由が丘の「スウィーツフォレスト」に行くべし!!

 

Vol.41 業績を急伸させる「M&A戦略」の2大視点前のページ

Vol.43 「先送り」こそ最悪の戦略着手次のページ

関連記事

  1. Vol.52 隆盛する企業の条件

  2. Vol.117 オーナー社長の最大の悩みは自分で解決できない

  3. Vol.141 社長のソロバンと会計士のソロバン

最新の経営コラム

  1. 第146話 銀行がチェックする取扱注意の勘定科目

  2. 第七十四話 高収益高賃金を実現する地域密着型外壁塗装会社の戦略

  3. 朝礼・会議での「社長の3分間スピーチ」ネタ帳(2024年7月24日号) 

ランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. マネジメント

    交渉力を備えよ(28) 文化、理念は大きな発信力をもつ
  2. マネジメント

    リーダーが学ぶべき「日本の経営者の東西横綱」とは誰か?
  3. キーワード

    第119回 iPhoneの衛星SOSサービス
  4. マネジメント

    第90回 失敗よりもしてはいけないもの
  5. 社員教育・営業

    第26講 カスタマーハランスメント対策の実務策⑬
keyboard_arrow_up