menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

社長業

Vol.56 今の取引先からの選別に先手、先手を打つ

作間信司の経営無形庵(けいえいむぎょうあん)

大企業の取引口座数の減少傾向が続いている。
好調な業績が続いているにもかかわらず、3分の1から2分の1に減少させている会社もある。
納入している、我々サイドにとっては、死活問題である。
 
要因はいくつもあるだろうが、「モジュール化」「ジャスト・イン・タイム対応」「新技術・新素材への切り替え」「口座管理コストダウン」・・・様々であるが、いづれもエイギョウマンの頑張りで防げる問題ではない。
 
典型例を目の当たりにした。
 
1. 大手N社が「トヨタ生産方式」導入を本格化させ、JIT対応できない部品納入業者がカットされ、生き残ったS社は、納品数を1.5~2倍に増やしつつある。
 
2. ISO14000取得の食品メーカーが、取引中のトラック会社に管理レベルと配送頻度アップの要求を出しているが、対応が遅い。今、業者の入れ替えの検討に入っている・・・など。
 
当たり前のことだが、納入先、取引先の要求変化の先取りを、社長自身が感じ取り社内の抵抗勢力を抑えてでも「社内改革」をやり切らなければ勝ち残れない。
 
社員は誰も、今、上手く行っている仕事のやり方を変えようとは思わない。
先手を打つ努力が、提案という「カタチ」になって表れ、業績を伸ばす。

 

Vol.55 ダントツに売上を伸ばす、”女性セールス”の力前のページ

Vol.57 今期の重点戦略の進捗状況を加速させる次のページ

関連記事

  1. Vol.140 徹底的に固定概念をゼロベースにして行動をかえる

  2. Vol.40 社長として、今、何に挑戦していますか?

  3. Vol.106 「戦略は細部に宿る」

最新の経営コラム

  1. 第121回 騒音を低減して、仕事も学習も効率アップ!

  2. 第20回 新事業は社長の情熱が成功を決める

  3. 第183話 ボタンを掛け違えたM&A

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. 人事・労務

    第98話 労働時間の適正な把握のために講ずべき措置・ガイドライン
  2. マネジメント

    第177回 『引き際を見れば、その人の器量が知れる』
  3. ブランド

    <事例―8 ボルヴィック(B2C)>自社の事業を通じて社会貢献活動を実践する&#...
  4. 人間学・古典

    第13人目 「クラウディオ・アクアヴィヴァ」
  5. 人間学・古典

    第64講 「帝王学その14」 古より帝王を観るに、憂危の間に在るときは、賢を任じ...
keyboard_arrow_up