menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

後継者

第5回 投資教育

欧米資産家に学ぶ二世教育

「お金のことを教えるなんて」というムードが色濃く残る日本社会。
その為か投資教育、アントレプレナー教育は東欧の旧共産圏諸国、オーストラリア、
シンガ ポール、韓国などにすら後塵を拝してしまっている感がある。
結果、生活力に乏しく、自立心の弱い、そしてお金オンチの若者を増殖させている。


学校で教えてくれないなら家庭でということになろう。
特に事業や多少なりと資産を託す場合は是非とも若いうちからお金の扱い、
投資、保険、事業計画、交渉などの生きた知識と体験(疑似体験)を積ませて欲しい。


小学校4-5年生から300-500万円与えて実際に投資経験させる米国の資産家ファミリーから話を聞いた。
何故その株や投資信託を購入(売却)するのかその理由をレポートに書かせるとのこと。
両親が主導する場合もあれば、家族の資産管理を担うファミリーオフィスが行う場合もある。
15-6歳からは家族の資産運用委員会へ出席させて銀行との付き合い方、投資アドバイザーの使い方など見習わせる。


こうして株、債券、商品等の投資の基礎を教える。
不動産の権益を与えて不動産投資においてどうリスクに対処するかまで体験させるファミリーもいる。
若いう ちから家族の資産運用や管理に貢献していくという姿勢を植えつけていくのである。


日本でも数多くの金銭教育、金融教育のサイトが存在する。
ゲーム形式になっているものもある。
親子で株式投資の成績をコンピュータ上で競うなど一度体験さ れてみたらどうだろう。


詳しくは拙著
金銭教育―小遣いから資産家の二世教育まで』〔綜合法令〕、
わが子が成功するお金教育』(講談社+α新書〕
を参照されたい。



榊原節子     

第4回 お金を遺すならパッケージで前のページ

第6回 社会貢献と二世教育次のページ

関連記事

  1. 第62回 後継者に教養をどう身につけさせるか

  2. 第93回 経営者とストレス

  3. 第23回 家憲のすすめ

最新の経営コラム

  1. 第121回 騒音を低減して、仕事も学習も効率アップ!

  2. 第20回 新事業は社長の情熱が成功を決める

  3. 第183話 ボタンを掛け違えたM&A

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. マネジメント

    第66回 特別対談:自創経営センター社長 東川広伸氏(第2回/全3回)
  2. 採用・法律

    第36回 『電子契約の導入に向けて』
  3. 税務・会計

    第23号 中小企業の本当の消費税対策~その2~
  4. マネジメント

    第200回 『「OLD」になるな! 「MATURE」になれ!!』
  5. ブランド

    vol.1 ”社長の印象”は企業イメージ
keyboard_arrow_up