menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

社員教育・営業

第8話 「不況を乗り越えるパラドックス的発想」

東川鷹年の「中小企業の人育て」

  先般にも、このコラムでお話したことだが、本格的な不況を乗り越える重要な心構えであるから、敢えて新年のはじめに詳しくお話しさせていただくことをお許 し願いたい。
 
 実際、私がまだ、中小企業で人事責任幹部だったころ、先代社長からのこの考え方が会社全体に浸透し、社員が共有できたことが、不況を乗り越え 大発展を遂げる、一番の大もとであったと、つくづく実感している。
 
 私達はよく仕事で、「それはたいへんです。できません。」と言う。そんなとき、先代社長から「たいへんやからええんや。だから大きく変われる んや。それがパラドックス的なものの見方や!」と、後ろ向きの姿勢をいつも前向きに変えてられていた。
 
 パラドックスとは「逆説」 つまり、一見正しそうに見えるものが間違っていたり、反対に間違って見えるものが正 しかったりする事を言う。また、実際に先代社長からよく言われたことが、
 
●「経費(費用)は多いほど良い。ただし効果が得られるなら。」
●「税金は高いほど良い。ただし、お金が有効に使われる限り。」
●「景気は厳しいほどいい。ただし、本気で勝つ信念があれば。」
●「うちの会社は何もない。だからいい。やるべき事が一杯ある。」
●「よそが良いという商品ならうちは止めよ。よそが良くないと思う
  商品を良くするにはどうしたらいいか考えてくれるか?」
 
 こうして、「無いものを嘆くより、あるもので何が出来るか?」と、“出来ない理 由”ではなく『出来る方法』を考える習慣を身につけさせていただいた事を常々感謝している。
 
 そのため、今でも常に、「良い事は良い事か?良いことが必ずしも良いとは限らない。良い事は悪い事に通ずる。逆に悪い事は良いことに通ず る。」との考え方に照らし合わせて物事を考えるようにしている。
 
 今、社会全体に厳しい冬の到来に直面している中で、悪い事を嘆くより、良くするにはどうしたら良いかを本気で考える“時”が来 た。
 
   “春の来ない冬はない”
 
 麗らかな春の日差しに活き活きとした新芽を芽吹かせるために、寒さが厳しければ厳しいときだからこそ、本物の智慧を出すチャンスである。 さぁ、2009年、悠々と堂々と本気で勝つとの信念で良くなる方法を考えて実践していただきたい!

 

第7話 「小さなメモに大きな期待を!」前のページ

第9話 「顧客満足と社員満足は天秤のごとし」次のページ

JMCAおすすめ商品・サービスopen_in_new

関連記事

  1. 第37話 「自創経営における人格能力の育みその7 思考方法編(4)」

  2. 第23話 「ピンチはチャンス!有難う!」の精神やで

  3. 第36話 「自創経営における人格能力の育み その6 思考方法編(3)」

最新の経営コラム

  1. 第72回 生誕100年 池波正太郎の言葉と、手紙

  2. 第74回『プロジェクトエコノミー』~生産性向上の意味合いが変わった、生き残るには早く正確は古い~

  3. 「過去の歴史上の失敗から経営者は何を学ぶべきか」/『「超」入門 失敗の本質』著者 鈴木博毅氏

ランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. 経済・株式・資産

    第115話 実態は発表数字より悪い中国経済
  2. マネジメント

    第215回 同じ失敗をしない方法
  3. マネジメント

    第246回 「計画書風」の計画書
  4. コミュニケーション

    第61回 失望させない言葉づかい/「大丈夫」を使わない
  5. 社長業

    第16回「蒔かれた場所で咲く」
keyboard_arrow_up