menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

人間学・古典

第19講 「言志四録その19」
暁に早起を要し、夜に熟睡を要す。

先人の名句名言の教え 東洋思想に学ぶ経営学

【意味】
朝は夜明け前に起き、夜は熟睡が大切です。


【解説】
我々人間を自然界の一微粒子として考えるとき、自然界を大宇宙 (Makrokosmos)といい、
人間を小宇宙(Mikrokosmos)といいます。

小宇宙である我々人間の機能を最高に発揮するためには、大宇宙の 法則に適合した生活が大切になります。
陽が昇り、陽が沈むことは、地球誕生以来の46億年のリズムです。
ほんの100年ほど前までは、陽が昇り沈むまでの 時間が人間の標準活動時間でしたから、
このリズムは我々の肉体の中に刻まれています。
夜遅く寝て朝遅く起きても睡眠時間の計算は合うのでしょうが、小宇宙のリズムには合いません。

「不夜城」という言葉に代表されるように、自然界のリズムに逆らった生活が世界中に広まっています。
人類は700万年前に誕生し、その後幾多の天変地異に襲われながらも何回かの種族の
消滅危機を克服し、やっと1万年前に農耕技術を手に して定住生活に入りました。
定住は経験知識の蓄積を可能にしますから、人類は目覚しい発展を遂げました。
特に100余年前に電灯という人工太陽を手に入れ たことにより、昼12時間・夜12時間
という太古からの生活リズムを、睡眠不足型の生活に変え始めました。
睡眠不足が進行すれば、活力回復がされない状態での翌日の活動となりますから、当然様々な病的症状が出てきます。
 

実は蝋燭生活の江戸時代の人々も、様々なストレスによる病に見舞われたようです。
  「駿河には過ぎたるものが二つある。富士の高嶺に原の白隠」
と謡われた江戸中期の名僧白隠禅師に「夜船閑話(やせんかんな)」と「遠羅天釜(おらてが ま)」という療養書があります。
これらの中に「軟蘇の秘法」と「内観の秘法」という自然治癒力を応用した病気療法の記載があります。
簡単に紹介しますか ら、自分流に工夫してください。


「軟蘇の秘法」
まずゆったりとした気持ちで坐禅や仰向けの姿勢をとります。
次に坐禅の場合には頭の天辺に、仰向けの場合には額に「軟蘇」を乗せます。
軟蘇についての具体的な説明はありませんが、「世界で一番効用のある軟膏」と考えればよいでしょう。
この軟蘇が体温により溶け出して、頭髪から足の爪先までじわじわと染み渡る様を想像します。  

ポイントは1センチ単位で徐々に染み渡っていく感じです。
と同時に染み渡った箇所 はどんどん病気が回復していると強く意識します。
これを就寝前に10~20回ほど繰り返します。
病気回復には体と心の両面がありますから、身体面は医者や 薬に任せるものの、
精神面では強い暗示を掛けて『自己の自然治癒力』を高めようとする方法です。


「内観の秘法」
一種の就寝法です。寝床に仰向けになり「今宵限りで娑婆世界とオサラバだ!」と思います。
すると「喜怒哀楽の日々だったけれど、今宵が最後の夜。感謝!感謝!」
というような素直な気持ちになり、不思議とスムーズな眠りにつきます。
翌朝再び眼が覚めた時に、「天地自然の神様は、今日もまた私に命を与えてくれた!」と喜びを感じます。

内観とは自分の心を覗き込むことです。
静かに自分の心を覗いてみますと、周りに振 り回された自己の心の状態に気付き、
「本来の我が心」が回復しますから、意外とスムーズな眠りに繋がります。
私は眠りにくい時には、次のような句を 10~20回ほど唱えています。

  「お前さん、心置きなく 眠りなよ! 目覚めなければ、黄泉(冥土)の道」(巌 海)

 

杉山巌海

第18講 「言志四録その18」権豪に近づきて、名を落とすべからず。前のページ

第20講 「言志四録その20」立志の功は、恥を知るを以て要と為す。次のページ

関連セミナー・商品

  1. 社長の大義と実践経営

    音声・映像

    社長の大義と実践経営

  2. リーダーの心得 社長の経営洞察力篇

    音声・映像

    リーダーの心得 社長の経営洞察力篇

  3. リーダーの心得 好・不況時の社長心得篇

    音声・映像

    リーダーの心得 好・不況時の社長心得篇

関連記事

  1. 第63講 「帝王学その13」
    卿はその美を称すといえども、彼は専ら卿の悪を談ず。

  2. 第66講 「帝王学その16」
    酒を飲むは人の苦情なり。君を欺くは臣子の大罪なり。

  3. 第24講 「言志四録その24」
    人主の学は、知 仁 勇 の三字にあり。

最新の経営コラム

  1. 第24話 政府が推進する「人的資本経営」と中小企業の人事戦略

  2. 第253回 社長の一問一答「男性社員の育児休暇取得について」

  3. 第79回 塩原元湯温泉(栃木県) 1200年の歴史を誇る黒・白・緑の極上湯

ランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. 製造業

    第313号 自社の実力は、モノづくりの6段階のレベルで把握せよ(9)
  2. 社員教育・営業

    第77回「聞き手の心に届く話し方」
  3. マーケティング

    第3回 MIPで下請けを脱する(その2)
  4. 経済・株式・資産

    第1話 社長が知らねばならない資産防衛
  5. 社員教育・営業

    第12号 “製造業”のための全員営業の活用法【実践編】
keyboard_arrow_up