menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

社員教育・営業

第15話 計画とは未来への意思表示!

東川鷹年の「中小企業の人育て」

 “いし”とは主に、「意志」と「意思」の二種類の漢字で表されている。我々はその解釈として、
 
“意志”とは、普遍的・絶対的な想い。広義として「目標」としての表れでもある。
 
“意思”とは、上記“意志”を全うするために思う具体的な行動とその結果。広義として「計画」としての想い表れでもある。
 
 どちらにしても今とは違う、“今よりも良い状態”の表れが目標であり計画である。
 
 先代社長に、「今から~します。」と言ったら、「で?どんな結果を出すねん?」と聞かれて、心の中では、「そんなもん、やってみんとわからん!」と言いたかったが、口に出す事ができずに躊躇していた。
 
 「ええか。『計画とは未来への意思表示』や。その意思っていうのは、“~する。” じゃなくて、“~して、こんな結果を出します。”っちゅうんや。お前の意思としてのその時の『出したい良い結果』は何やねん。
 
 その出したい良い結果を出すために行動するわけやろ!今、お前が行ったのは単なる予定やないか。そんなん聞いてもしゃあないやろ。」
 
最初、意味が良く判らなかったが、ここで例をあげてみると、
 
「営業に行って見積もりを提出してきます。」
 
であれば、提出したらいいだけ。極端に言えば、送ってしまえばそれでよい。但し、良い返事がもらえるとは限らない。
 
「見積もりを提出し、内容と金額の了承を得て受注してきます。」
 
となれば、了承を得て受注するという“出したい良い結果”があるがゆえに、了承の得方、受注するやり方を考えられる。
 
 我々は“良い結果”を出すために行動するのであり、もっと言えば、“良い結果”を出すために生きているとも言える。言い換えるとすべての行動が何らかの“結果”へと必ず繋がっているのである。
 
 “出したい良い結果”をイメージせずに闇雲に行動するよりも、仕事や人生の目標がある以上、それを必達させるためには、単なる予定ではなく、計画としてその時々の“出したい良い結果”を明確にすることにより取るべき行動が見えてくる。
 
 もちろん、すべての行動が良い結果に繋がるとは限らない。計画として表したものに対して、出た結果が「良い」、「良くない」というのが問題なのではなく、良くない結果が出ている中で『明確な次なる手立て』として、改善行動を考えていないのは良くないだけなのだ。
 
 ゆえに、単なる予定を表して消化するだけの過ごし方はやめて、未来への意思表示として、“出したい良い結果”は何なのか?その出したい良い結果を出すための行動は何なのか?を、社員一人ひとりが明確に出来るような仕組みと育成(訓練)が重要である。

 

第14話 目標未達はノウハウの宝庫!前のページ

第16話 管理職の最優先の仕事は”人を育てる”事次のページ

関連記事

  1. 第12話 我が社は何もない。だからええんや。

  2. 第31話 「人材における人格能力の育み その1」

  3. 第13話 “人が育つ人事”が21世紀の成長戦略

最新の経営コラム

  1. 第24話 政府が推進する「人的資本経営」と中小企業の人事戦略

  2. 第253回 社長の一問一答「男性社員の育児休暇取得について」

  3. 第79回 塩原元湯温泉(栃木県) 1200年の歴史を誇る黒・白・緑の極上湯

ランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. ブランド

    海外目線の外見チェック -2年目のクールビズ-
  2. 社員教育・営業

    第18講 正確な事実の聞き取りに失敗しないために~その5ÿ...
  3. ビジネス見聞録

    人生100年、脳の健康を保つには Dr.加藤の「講話を聴き、脳を守る」前編
  4. 経済・株式・資産

    第17話 鄧小平氏の松下訪問とハイアールのパナソニック白物家電買収
  5. 社員教育・営業

    第46回 「間違えやすい言葉の上手な伝え方」
keyboard_arrow_up