menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

税務・会計

第28回 危機対応による役員報酬の減額は、年度の途中でも構わない

おカネが残る決算書にするために、やっておきたいこと

今回のキーワード
役員報酬は非常時においては減額してもかまわない

「役員報酬は事業年度途中で変更できない」
と言われますし、確かにその通りです。
しかし、その目的は、年度末が近づいてきて、
「今期は利益が多く出過ぎているから、役員報酬を増やして利益を減らそう」
といった利益調整に増額調整されることがあると困るからです。
「節税のために役員報酬を増やすなんて、けしからん!」というわけです。
だから原則、定時株主総会で決定した役員報酬は税務署に申告し、むやみに変更すれば、わかる仕組みになっているのです。
 
しかし、経営危機に陥った際、支出を絞るために役員報酬を減額する場合、これは節税のためではありません。会社経営の継続を何とかしてでも図るためです。
先に書いたような、節税目的ではないのです。
このような目的での役員報酬の減額は、取締役会で決議をした議事録を残せば、認められるのです。
例えば仮に、従業員の給与を減額しないと生き残れないのなら、真っ先に役員報酬を大幅カットするべきなのです。
 
「役員報酬は事業年度途中で変更できない」
というのはあくまでも原則であり、例外は存在するのです。
 
bspl2_28.jpg

第27回 長らく無借金の会社は、銀行にとって狙い目です前のページ

第29回 手元資金がいるときは、有価証券もタイミングを見て売却しなさい次のページ

関連セミナー・商品

  1. ICO式 決算対策セミナー

    セミナー

    ICO式 決算対策セミナー

  2. 社長の決算書の見方・読み方・磨き方

    社長の決算書の見方・読み方・磨き方

  3. お金が残る決算書「100の打ち手」

    音声・映像

    お金が残る決算書「100の打ち手」

関連記事

  1. 第9回 
    新技術で、お代になる新たなサービスを確保せよ!
    ~その➂AI導入で、人海戦術を減らせ!なくせ!~

  2. 第7回 
    新技術で、お代になる新たなサービスを確保せよ!
    ~その①IoTの活用で、現状把握力は格段にスピードアップする!~

  3. 第12回 
    だから、B/S思考でないと、ダメなのです。

最新の経営コラム

  1. 第87回 サスティナブル(持続可能性)

  2. 第65回 子供に自社株を譲るときの注意点

  3. 人望を築く「脳の大原則」
    西田文郎氏(株式会社サンリ 会長)

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. キーワード

    第133回 シリコンバレー視察レポート2
  2. 製造業

    第318号 【急所44】仕事は、教え方まで含めて「仕組み化」せよ(その3)
  3. 社員教育・営業

    第7話 「小さなメモに大きな期待を!」
  4. キーワード

    第4回 ≪震災恐慌≫≪原発恐慌≫≪節電恐慌≫に打ち勝つ法
  5. 経済・株式・資産

    第27話 フレキシビリティー(柔軟性)、経営のあらゆる場面で必要なもの
keyboard_arrow_up