menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

税務・会計

第27回 長らく無借金の会社は、銀行にとって狙い目です

おカネが残る決算書にするために、やっておきたいこと

今回のキーワード
タイボ+スプレッドの金利交渉を知っておいてほしい

タイボ(TIBOR)は、
 Tokyo Interbank Offered Rate の略で、東京の銀行間にて毎日行われる取引である、いわゆる「コール市場」の金利です。
1週間、1ケ月、2ケ月、3ケ月など、いくつかの種類があります。
銀行借入の金利交渉で使われることが多いのは、1ケ月(=タイボ1ケ月)のものです。
日本経済新聞の市場金利のページに、毎日掲載されています。
スプレッドは、上乗せ金利、の意味です。
「タイボ+スプレッド」は、タイボ金利+上乗せの金利、ということになります。
 
例えば「タイボ+スプレッド」の金利で借り入れ設定した場合、
タイボ1ケ月を使うのなら、そのタイボ金利は現在0.07%です。(2020年5月17日時点)
上乗せ金利となるスプレッドが0.4%なら、
 
 0.07% + 0.4% = 0.47% となります。
 
で、タイボ1ケ月を使うのであれば、1ケ月ごとに、銀行がこの計算を見直して、金利計算がされてゆきます。
 
 
bspl2_27.jpg

第26回 今こそデジタル化を一気に進めて、固定費を減らしなさい前のページ

第28回 危機対応による役員報酬の減額は、年度の途中でも構わない次のページ

関連セミナー・商品

  1. 2022年度のお金の増やし方、税金の減らし方! インフレ期の経営が楽になる アイ・シー・オー・コンサルティング式 《新・決算対策》

    セミナー

    2022年度のお金の増やし方、税金の減らし方! インフレ期の経営が楽になる アイ・シー・オー・コンサルティング式 《新・決算対策》

  2. 社長の決算書の見方・読み方・磨き方

    社長の決算書の見方・読み方・磨き方

  3. お金が残る決算書「100の打ち手」

    音声・映像

    お金が残る決算書「100の打ち手」

関連記事

  1. 第23回 短期借入金が、やたらと多すぎることはないですか?
    銀行支店長に仕組まれた、短期借入金のワナ

  2. 第4回 
    なぜ、P/L(損益計算書)思考ではダメなのか?

  3. 第29回 手元資金がいるときは、有価証券もタイミングを見て売却しなさい

最新の経営コラム

  1. 第160回コミュニケーション上手になる仕事の進め方82「指示されたことに『+α』の知恵」

  2. 第5回 支払手形が徐々になくなっており、法令変更への備えが読める会社

  3. 第68回 季節の移ろいを言葉で感じて心豊かな秋の時間を

ランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. キーワード

    第136回 「A級グルメ」で町づくりに取り組む
  2. キーワード

    第85号 ブラジルの日系企業(1)
  3. マネジメント

    第161回 物語になるくらい強い想いを持つ
  4. 社員教育・営業

    第63回 「コールセンターでの電話応対の基本」 応用編 シリーズの終わりに
  5. 社長業

    Vol.5 会社の元気の素―コトバの意味の統一
keyboard_arrow_up