menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

税務・会計

第29回 手元資金がいるときは、有価証券もタイミングを見て売却しなさい

おカネが残る決算書にするために、やっておきたいこと

 

※映像と音声は同じ内容です

今回のキーワード
企業間の持ち合い株は減ってきている

2018年6月、東京証券取引所の企業統治指針(コーポレートガバナンス・コード)が改訂されました。
そのなかで、企業間による持ち合い株についてのルールが厳しくなったのです。
保有する政策投資の株式について、取締役会で個別に精査することを求め、議決権の行使方法も明確にすること、等のルールが記載されたのです。
また、相手先からの売却意向を妨げたり、売却意向時に取引の縮小等を示唆してはいけない、ということも記載されました。
 
要は、これまでのような、単なるおつきあいでの株式保有や、取引に影響力を及ぼすような株式保有はやめるべき、となったのです。
この改訂には、海外投資家による批判の声が高まったこと、が影響しています。
これらの流れを受けて、持ち合い株は縮小傾向にあるのです。
 
中小企業でも、融資を受けている銀行の株式や、仕事をもらっている上場会社の株式を保有しているケースが多くあります。
「売却すると取引に影響があるのではないか。」
と多くの経営者は心配します。
しかし、今はそのようなことをしてはいけない時代になっているのです。
そのようなことがあれば、それこそ、コンプライアンスに反する優越的地位の濫用となるのです。
 
bspl2_29.jpg

第28回 危機対応による役員報酬の減額は、年度の途中でも構わない前のページ

第30回 自己資本比率の高い会社は、有事でも銀行融資枠を早期に確保できていた次のページ

関連記事

  1. 第27回 長らく無借金の会社は、銀行にとって狙い目です

  2. 第5回 
    多くの経営者は、B/S(貸借対照表)が苦手です。

  3. 第22回 「決算書一式お願いします。」と銀行が言っても、全部渡してはいけない

最新の経営コラム

  1. 第169回 「達人に学ぶ①アパホテル 元谷拓さん」

  2. 第4講 まず、担当者がお客様との正しい関係に合った対応をすること!

  3. 第19回 成長するフィンテック企業の戦略 ~ クラウドファンディング Makuake ~

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. 健康

    第10回 脳を鍛える際に欠かせない2つの法則
  2. 戦略・戦術

    第3回 現地取材でも実証!今、香港の売れ筋!
  3. 税務・会計

    第17回 入っていますか?「経営セーフティー共済」と「小規模企業共済」
  4. マネジメント

    万物流転する世を生き抜く(24) 長征と兵站の誤算
  5. マネジメント

    故事成語に学ぶ(10)薪(たきぎ)を積むが如し(下)
keyboard_arrow_up