menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

教養

第44回 『天才たちの日課』(著:メイソン・カリー)

眼と耳で楽しむ読書術

涼しく過ごしやすい日が続き、
ようやく、秋の実感が湧いてきました。
 
芸術の秋、読書の秋、食欲の秋…
 
秋は何をするにもいい季節。
 
成果をより大きくするためにも、
より効果的な時間の使い方を取り入れたいものです。
 
古今東西の偉大なる実績を残した人々は、
いったいどんな日常生活を送っていたのだろうか?
 
華々しい成果のウラにある、
見えない部分のことが知りたい!
 
そんなことを思っていたところ、
これ以上ないほどの一冊に出会いました。
 
『天才たちの日課』メイソン・カリー(著)

44-1.jpg
 
です。
 
天才たちの日課 クリエイティブな人々の必ずしもクリエイティブでない日々/amazonへ
 
 
一昔前から現代に至るまで、世界に名だたる
小説家、詩人、芸術家、哲学者、研究者、作曲家、映画監督ら161人を紹介。
 
それぞれの仕事、食事、睡眠、趣味、人付き合いなどが
具体的なエピソードを交えて描かれ、
どのように時間を使っていたのかがリアルに見えてきます。
 
「やっぱりそうか!」と思うものもあれば、
「そういう考え方があったか…」と意表をつかれるものも。
 
時間活用に関する興味深い考え方や事実が
今までにないレベルで掲載されています。
 
個人的には
 
アーネスト・ヘミングウェイ
レフ・トルストイ
ジョン・アダムズ
ヘンリー・ミラー
ジョン・アップダイク
ゲルハルト・リヒター
バーナード・マラマッド
 
の習慣が印象に残っています。
 
自分は時間の使い方がまだまだ甘いなぁ、
ということを痛感させられましたね。
 
と同時に、時間の使い方を改善することによって、
今よりもっとパフォーマンスを上げることができる、
という希望も生まれました。
 
『習慣は聡明な人間においては野心の表れである』
W・H・オーデン
 
思わずメモをとりたくなるような名言も豊富。
 
残り少なくなってきた2015年を実り豊かにするためにも、
ぜひとも読んでおくべき一冊です!
 
尚、本書を読むときに、おすすめの音楽は
 
『メンデルスゾーン:交響曲全集』
クラウディオ・アバド指揮 ロンドン交響楽団

44-2.jpg
 
です。
 
メンデルスゾーン:交響曲全集/amazonへ
天才メンデルスゾーンの音楽が、本書から得られる実りを
より豊かにしてくれます。
ぜひ合せてお楽しみください。
 
ちなみに、他の本で読んだところによると、
メンデルスゾーンの幼少時の教育環境は
凄まじいものがありますよ!
これぞ英才教育。
 
今、日本でここまでやってる人は、まずいないでしょう。
天才を天才たらしめるものを知ることは
大きな意味がありますね。
 
では、また次回。
 
 

第43回 『ドラマ思考のススメ』(著:平野秀典)前のページ

第45回 『習得への情熱』(著:ジョッシュ・ウェイツキン)次のページ

関連記事

  1. 第42回 『魂の燃焼へ』 (著:執行草舟&清水克衛)

  2. 第121回『Bowie’s Books デヴィッド・ボウイの人生を変えた100冊』(著:ジョン・オコーネル)

  3. 第73回『チャンミーグヮー』(著:今野 敏)

最新の経営コラム

  1. 第190話 少人数私募債を活用しなさい

  2. 第18話 テレワーク業務を評価するにあたっての課題と対応

  3. 第225回 「すいか泥棒」にはなるな

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. 人事・労務

    第8話 成績評価制度における5つの限定
  2. 戦略・戦術

    第17回 「継続企業は、どんな人でも活躍できる仕組みがある!?」
  3. マネジメント

    第12回 あなた自身に問題は?
  4. サービス

    第155話《知る人ぞ知る金沢の「蟹将軍」の予約でいっぱいになるコース》すし処大敷...
  5. 仕事術

    第111回 ”コツ”で画面の汚れを効率的にクリーニング
keyboard_arrow_up