menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

経済・株式・資産

第37回「為替変動リスクと上手につきあう方法」

会社と社長のための資産管理講座

世界の金融市場が不透明感を増す中で、円高が続いています。東日本大震災後の1ドル7625銭という円高記録を更新するかのように、8月に入ってからも円高に歯止めがかかりません。

これは、8月上旬に米国債の格付けが「AAA」から「AA+」に格下げされたことに加え、ギリシャ・ポルトガルなどの南欧諸国の政府債務問題や中国の不動産バブル崩壊懸念などが絡み合って、世界の金融市場が動揺しているためです。ある問題が前進しても、別問題が蒸し返され抜本的な解決策が示されないので、緊急避難である円やスイスフランなど安全通貨への回避措置が長引いています。

円は、ユーロや資源国通貨である豪ドルやカナダドルなどに対しても高くなっています。また、国内の預貯金や円建て債券の超低金利も相変わらずなので、この円高を資産運用に生かそうという目的で、外貨建ての債券や投資信託の人気が続いています。

しかし、為替相場の予想は専門家でも難しく、不可能といっても過言ではありません。さらに、添付の為替推移表に見て取れるように、年間の最大変動幅は米ドルで25(1995)、ユーロで56円(2008年)、豪ドルで49(2008)もあります。外貨建て資産の魅力は、国内外の金利差や高い分配金実績ですが、年間変動幅からも為替変動リスクが非常に高いことが分かります。

結局、個人投資家がこのリスクと上手につきあうには、為替変動の影響を軽減するための『取得時期の分散』が肝心です。具体的には、『ドルコスト平均法(定時定額購入法)』により、毎月一定額を小口に分けて継続購入することで実現できます。長期的に定額購入を続けると平均購入単価を下げることができるのです。また、平均購入単価を上回ったタイミングで利益確定することにより、為替差益を得ることができます。為替変動はリスクではありますが、その変動を活かして焦らずじっくりタイミングを図れば利益を得る可能性があるわけです。

資産運用は、性急さや短気と短期は禁物で、気長さと長期計画とが肝心です。その点では、人生設計そのものと共通するのではないでしょうか。

 

                                        

第36回「大震災が残した生活設計と資産管理上の課題」前のページ

第38回「米国・欧州・新興国のリスク要因」次のページ

関連記事

  1. 第12回  長期的視点からの事業承継

  2. 第19回  生命保険を活用した会社の資産づくり

  3. 第63回「投資信託の手数料と運用成績を吟味しよう」~手数料次第で長期の成果に大差がつく~

最新の経営コラム

  1. 第32回 経営改善のヒントが見つかる「3つの点検」

  2. 挑戦の決断(41) 新しい国の形を求めて(徳川慶喜・上)

  3. 第58回 奥塩原新湯温泉(栃木県) 肌が生き返る!?天然の泥パック

アクセスランキング

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. 社員教育・営業

    第110回 コミュニケーション上手になる仕事の進め方31 環境整備 個人としての...
  2. キーワード

    第4回 AI小説
  3. 不動産

    第1回 不動産業界の現実と展望
  4. サービス

    62軒目 多店舗化しても評判のホルモン屋の秘密
  5. マネジメント

    第5話「複雑性と不確実性」
keyboard_arrow_up