menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

戦略・戦術

第171話 自己資本 どうしたら増えていくか? 利益を出せばいいのか?

強い会社を築く ビジネス・クリニック

答えは 大概の人は間違いなく答えられるでしょうね!

そうです。

利益を出すことです。

儲けて 利益を獲得することなんです。

しかし、利益 、利益といいますが 何利益を出せばいいのでしょうか?

答えられますか・・・・?

その時 損益計算書が重要なのですね。

損益計算書と見てみるといいのです。上から 売上総利益、営業利益、経常利益、税引き前純利益、税引き後純利益(当期純利益) と続きます。

これだけ利益と名の付く勘定科目があるのです。

 

それでは 高い40%近い税金を支払った純利益が その期の剰余金に加えられるのでしょうか?

実はそうではないのです。

当期純利益 (会社から) まだ支出される金額があるのです。

株式配当金であり 役員の方々に賞与を支払うのは これからまだ 出てゆくのです。

自己資本である剰余金に加える金額は 非常に少ないのです。

 

inoue171.png

 

剰余金は 利益を上げてもなかなか増えない

 

私が駆け出しのコンサルタントの時には 実態もわからずに「自己資本過小病」を退治せよ! などと 偉そうに発言していたのです。

実際に山川建設工業(仮称) の経営にタッチしてみて 自己資本を充実させるなどは 高い法人税を払い、配当や役員賞与を支払った後に会社に残る金額の少なさに愕然としたのです。

その上に 支払わなければならない法人税も配当金も役員賞与も 1億ある経常利益の現金はなく、銀行から借り入れる有様でした。

剰余金は経常利益を上げても なかなか現実は増加しないのです。

 

 

山川建設工業(仮称) 

資本金1億円 年商50億円の会社の決算で 

 

今期1億円の経常利益がありました。しかし、税引前利益は 1.42億円になりました。

なぜかといえば 5千万円の交際費があり全額損金とは認められず、よって 

5千万円 - 8百万円 = 4200万円は 税引前利益にオンされ加えられます。

よって、税前利益は1.42億円になり、法人税は 5600万円となり  税引き後利益は1.0億 - 5600万円 = 4400万円 となります。

配当10%支払い1000万円 役員賞与2000万円を支払うと 残りは 1400万円しか会社に現金は残らないのです。

 

法人税は40%近く 経営者が考えるより多くの税金をキャッシュで持っていかれるのです。現実、稼いでも剰余金はなかなか増加しないものです。絶望的になります。

 

この後年、3億円として帳簿に載っている土地を2億円で売却したのです。

特別損失として1億円が計上されました。

経常利益1億円 – 特別損失 1億円で税引前利益0円

2億円の現預金と経常利益1億円で3億円のキャッシュが生まれ、長期借入金を返済することで総資本が減じられて、自己資本比率が向上する結果になったのです。

総資本(総資産)を減じることで 自己資本比率は向上するのですね。

 

 

 

第170話 コロナ禍の井上式財務対策前のページ

第172話 手形決済期限が120日以内から60日以内になります次のページ

関連セミナー・商品

  1. 第35期 後継社長塾

    セミナー

    第35期 後継社長塾

  2. 強い会社の財務戦略(仮タイトル) 

    強い会社の財務戦略(仮タイトル) 

  3. 《インフレ期の経営》緊急提言

    音声・映像

    《インフレ期の経営》緊急提言

関連記事

  1. 第24話 「銀行の企業を見る目が変わってしまった。

  2. 第56話 「お客様に奉仕する、企業に奉仕する」

  3. 第181回 キャッシュフローをよくしないと銀行返済は進まない

最新の経営コラム

  1. 第2回 事業に関係のない投資や資産がなく、身ぎれいな決算書になっている会社

  2. 令和女子と消費の変化 「Fashion」「Hobby」「Relationships」/3分でつかむ!令和女子の消費とトレンド第5回

  3. 第65回 だれでもできる!成果につながる暑中見舞いの書き方

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. マネジメント

    第152回 『時間とは、作るもの』
  2. 経済・株式・資産

    第87回「利益確定を早まる投資家の心理とは」
  3. マネジメント

    中国史に学ぶ(5) たとえ敵将でも賢臣の意見は聞く
  4. マネジメント

    第14回 破壊から創造へ
  5. 新技術・商品

    第16話 ふるさと納税、返礼品に求めたい「2つの条件」
keyboard_arrow_up