menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

戦略・戦術

第172話 手形決済期限が120日以内から60日以内になります

強い会社を築く ビジネス・クリニック

「売上の回収期間を縮めなさい!」と常々申し上げております。

2020年9月12日付けの日本経済新聞1面で、

「手形決済60日以内 中小資金繰り改善へ短縮」との記事が掲載されました。

 

最長120日までの決済期限であったものを、60日以内にすることで、下請法における実務通達を見直す、とのことです。

いつから、との明確な記載はまだありませんが、この方向性は変わることなく、改正が行われてゆきます。但し、改訂から短縮への猶予期間は3年あるようです。

下請法の法律そのものに、「決済期日期限は120日」等と記載されているのではなく、公正取引委員会からの通達によって、「決裁期限は120日」と管理監督されています。

 

なので、その通達を守らない場合、法律違反ではないものの、公正取引委員会による行政指導を受ける、ということになり、社名公表になります。

結局、法律に違反ではないが、コンプライアンスへの対応が不十分、という扱いになるのです。

 

中小企業で受取手形の内訳を拝見していると、過去には上場企業や大企業の売り先ほど、決裁期限が長い、と言われていましたが、近年は変化して短くなってきました。

しかし、業界においては手形や長い決済がまだ存続しています。今回の改正も、昨年、経済産業省によって行われた、大企業に対する決裁期限に関するアンケートの結果が影響しています。

アンケートにおける手形決済の平均日数は、今も110日だったのです。

経済産業省は数年前から、《下請け企業に対する支払いを早くせよ!》と大企業に促していました。2016年、トヨタが手形払いから現金払いに転換した、という記事をご記憶されている方もおられると思います。

 

しかも、アンケート結果では、

「短縮せず、今後も現状のまま」という回答が多数を占めました。

「短縮要請してもダメならば、通達を改正するしかない。」

となり、経済産業省と公正取引委員会の間で協議され、今回の決済期限短縮(60日以内)となったのです。

 

中小企業では支払手形もまだまだ多いです。その要因のひとつが、

「元受けからもらう手形の期限が長いので、支払いも手形で長くなってしまいます。」

ということがあります。

手形は二度の不渡りで銀行取引停止となります。事実上の倒産のリスクを負っている決済手段なのです。そのようなリスクのある手段は、取り扱ってほしくないのです。

 

ある顧問先でのことです。社長自ら出向き、決裁期限が長い売り先に、今回の期限改正の記事を提示しました。

「実は先日、このような記事を見かけまして、御社も今のうちに対応しないと、コンプライアンス上、問題になろうかと思います。猶予期限の間際になって実行するのは、大変ではないでしょうか。」

とやんわり情報提供する体で、先方の社長にお伝えしたのです。

 

後日、その社長から、

「担当者にも伝えているから、改めて担当とお話ししてください。」

との連絡が入りました。

担当者に会いに行くと、次のように言われました。

「社長から聞いております!申し訳ございません!下請法のことがまったく頭に入っていませんでした!

来月分から、月末締めの翌月末払いでの現金払いにさせていただきますが、よろしいでしょうか?」

 

そこまで縮むと思っていなかった社長は、内心はもう大喜びのガッツポーズです。しかし、その喜びをグッと押し殺しながら、「結構でございます。ありがとうございます。」と落ち着いた表情で返答したのです。

組織が大きくなるほど、担当者は支払い方法など資金繰りに無頓着であり、現状を変えたくないものです。しかし、ひとたびトップから直接に指示が下れば即座に動くのも、大きい組織の特徴なのです。

 

取引額の大きな売り先の決裁期限を短縮できれば、資金繰りはずいぶんラクになります。短期借入金も必要なくなります。

そうなれば、総資産は縮み、余計な金利の支払もなくなるのです。

今も受取手形があるのなら、金額が大きく、決裁期限の長い会社から順に交渉を行い、期限を短縮するか、現金払いの取引に切り替えるよう、取り組んでいただきたいのです。

第171話 自己資本 どうしたら増えていくか? 利益を出せばいいのか?前のページ

第173話 決算対策の時期ですよ次のページ

関連セミナー・商品

  1. 第36期 後継社長塾

    セミナー

    第36期 後継社長塾

  2. 社長の財務戦略

    社長の財務戦略

  3. 《インフレ期の経営》緊急提言

    音声・映像

    《インフレ期の経営》緊急提言

関連記事

  1. 第20話 ハイパーインフレに陥る 5つの条件

  2. 第175話「2021年に改めてほしい、3つのこと」

  3. 第143話 税務署伺いにはご注意

最新の経営コラム

  1. 第71回 『日本高齢化加速、人口ビジネスを知っておこう』~人口ビジネス!それでは行き詰まるどう変化するか?~

  2. 第106回「逆風下だからこそコスト競争力が威力を発揮する」やまみ

  3. 第28回 時には「過去」と「未来」を切り離して考える

ランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. 教養

    2016年10月号
  2. 戦略・戦術

    第109話 東芝不正会計問題と売上至上主義を考える
  3. 健康

    第42号 「アメリカのカーディーラー事情」
  4. マネジメント

    日本型組織の弱点(3)愚かなる大将は組織を蝕む
  5. マネジメント

    危機を乗り越える知恵(6)チャーチルの闘い抜く信念
keyboard_arrow_up