menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

ブランド

適正サイズの重要性

最高の自分を表現する 成功イメージ戦略

あなたはご自分を最も映えさせる“サイズ”をご存知ですか?

イメージコンサルティングを行っている中で非常に多く目にするのは、
ご自分のサイズや体型(シルエット)に合っていない衣服を着用している多くの方。
このサイズの選び方が、どれだけイメージに大きな影響を与えているかをご存じなく、
意識されていない方が非常に多くいらっしゃる事が、非常に残念でなりません。

衣服の中でも特にスーツはサイズとシルエットが命
着用する方の体型やサイズに適した物を着用するだけで、その方のスマートさと存在感、
重厚感が一気に高まり、周囲に上質な印象を与える事ができ、それだけでイメージが大きく変わるほどです。

極端な話ですが、とても有名なデザイナーの最高級ラインだけれど、
ご自分のサイズやシルエットに合っていないものを着用している方と、素材もそれ程良くなく、
仕立ても大した物ではないけれど、自分のサイズや体型に綺麗にフィットした物を着用している人とでは、
後者の方が颯爽としていて精悍にパワフルに立派な人に見えるのです。

なぜなら、サイズもシルエットも合っていないものを着用すれば、
身につけた傍からあちらこちらにシワが出来ます。
「滑らかでスムーズ、キリリとしていて、シワ1つ無い清潔なイメージ」が望まれる
ビジネスドレス(スーツ)スタイルがシワだらけでは、どれだけ高級なものであっても論外です。

近年、多くのトップエグゼクティブの方はワークアウトなどをされており、
ご自分の体型を絞り、若々しく管理されていらっしゃいます。それは非常に素晴らしい事で、
体自体も若々しく、見た目もアクティブに健康的。
精神も健やかでいらっしゃり、見た目だけでなく中身も伴っていらっしゃることは最高です。

しかし、シェイプアップされた方の多くが、
絞られた体型になる前のサイズとシルエットのスーツをそのまま着用されており、あちらこちらがダボダボ。
これでは借り物や貰い物を着ているように見えてしまったり、だらしが無く見えたり、貧弱に見えたり…
シェイプアップされたメリットが見えないだけでなく、シェイプアップされた事が、かえって仇になってしまいます。

お痩せになると、肩のサイズや背中のライン、胴回りのサイズが大きくかわります。
季節が変わり衣替えする頃に、必ずご自分のスーツのサイズを必ず確認し、いまのご自分を
より良く見せるベストなサイズの物を用意したり、お直して調整することが、エグゼクティブとして
威厳のあるイメージを保つ基本的かつ重要な事柄なのです。

コンサルティングの際に、お直しや今のサイズに合った物をご用意されることをお勧めすると、
「またもとに戻ってしまうかもしれないから」とおっしゃる方も中にはいらっしゃるのですが、
そのダボダボスーツの為に大切なチャンスを逃してしまう事がありえます。多分その損失は…多大。
また、「自分をケアしない人」というイメージは、「自分の部下や会社のケアも怠る人」というイメージにつながり、
余裕の無さを表してしまうのです。

また、日本の男性はご自分の実際のサイズよりも少々ゆったりめがお好きな方が多くいらっしゃいますが、
是非ともジャストサイズ(ピチピチとはちがいます)に慣れていただきたいものです。
これだけでかなりきりりとしたイメージに差がついてきます。

似合う色や自分をより良く見せるスタイルに気を配ることも大切ですが、
そこに進む前に、ぜひとも土台となるべきご自分のサイズ「ご自分の形にあっていること」が整っていることを
確認してください。どれだけ色やスタイル、目的に合った戦略的イメージを駆使したとしても、
サイズが合っていなければ本末転倒。効果は上がらないのです。

また、サイズの合わないスーツほど動きにくく非効率で非合理的な衣服はありません。
大きすぎても小さすぎても、動作に差しさわりが出ます。
やはり見た目も動きの面でも、サイズは自分にぴったり合ったものが最高なのです。

まずはご自分のワードローブの中にあるスーツを始めとした衣服のサイズを、確認してご覧になり、
そして今すぐご自分に合ったサイズにしてください。
それを決行されるだけで、あなたのイメージは格段にアップすること間違いなしなのですから。

ビジネス・ドレス前のページ

“内外両面”上質感次のページ

関連記事

  1. vol. 8 ネクタイ業界の苦難 〜今のご時世、ネクタイ購入で人が得たい成果と提供が望まれる効果ってなんだろう?と考えてみた〜

  2. 「先端」を制する者、成功を制す その2「指」

  3. イメージ戦略の一般論と罠 その6「笑顔と歯の罠」

最新の経営コラム

  1. 第19話 男女の賃金格差の開示義務化と女性の活躍推進の必要性

  2. 第60回 使い方を決めるのは消費者

  3. 第37回「日本が唯一『女形』」

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. マネジメント

    第137回 『毎朝、優先順位を決める習慣を』
  2. サービス

    第135話 《沖縄まで旅をさせるレストラン》6six(シス)@沖縄県国頭郡
  3. マネジメント

    第136回 社長の課外活動
  4. コミュニケーション

    第168回『申し込みます』さんより、『申し込みました』さんになる
  5. 経済・株式・資産

    第37回「為替変動リスクと上手につきあう方法」
keyboard_arrow_up