menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

キーワード

第8回(柔軟な姿勢で時流をとらえる)「吉田スーツ」

「社長の繁盛トレンド通信」

◆吉田スーツ◆


柔軟な姿勢で時流をとらえる

 


 


国分寺のテーラーショップ『吉田スーツ』。

かつて呉服店だった店舗をそのまま使い、改装費を最小限に抑えた
 

オーナーの吉田氏。

実直で丁寧な接客も、多くの店のファンを獲得している所以だ
     
 




 
左右とも「エグゼクティブ・ビスポーク・ライン」のスーツ (79,000円から)。



この上に全てハンドメイドの「プレミアム・ハンド・ライン」が、

下には「ベーシック・ビスポークライン(29,000円から)がある
 
 
 "町のテーラーショップ"も、他の中小商店同様、郊外の格安店や大型店舗、
さらにセレクトショップ等の隆盛で、苦境に立たされている。

  そんな中、昨年、東京・国分寺の路地裏にオープンした『吉田スーツ』は、
20~30代の若い層を中心に人気を集めている。
都内各地はもちろん、神奈川や埼玉にも顧客を持ち、月40着以上は必ず受注。
オーナーの吉田務さん(30歳)は、たったひとりで、月商300万円を稼いでいる。


 同店が成功している理由は、「流行を押さえたファッション性」と
「価格を抑えたリーズナブルさ」を実現しているためだ。


  流行の「クラシコ・イタリア調」と呼ばれる落ち着いた雰囲気のクラシックなスーツや、
ミュージシャンが好む極細身のコンポラ・スーツ等もお手の物。
吉田さ ん自身が、頻繁に人気ブランドショップやセレクトショップを視察し、
いま人気のスーツのシルエットや服地を貪欲に取り入れている。


  また価格は、オーダーメイドながらも、2万9000円~と、量販店にも引けを取らない。
「他のテーラーで仕立てれば、どんなに安くとも7~8万円からで しょう。
しかし、実際は『月に数着しか売れないから利益を過剰に乗せている』というお店も多いんです。
それならもっと安くして、もっと多く売ればいいと考 えたわけです」(吉田さん)。


 ユニークで斬新な発想をする吉田さんに共感し、
本来なら新規参入者には敷居が高い縫製工場や繊維問屋の多くも味方についた。
これが質の高さと低価格を実現するうえでの後押しとなっているわけだ。


  社会が成熟し、人々の嗜好は多様化する一方だ。
それに加え、若者は、いつの時代も「個性」を重視する。
消費不況にも関わらず、限定品が飛ぶように売れるの はそのためだ。
究極の限定品である一点モノのオーダーメイド商品に、現代の若者たちが飛びつくのは当然だろう。
今や家具や靴はもちろん、ジーンズやマン ションにまで、オーダーメイド商品が人気を博している。


  吉田さんは「古着好き」が高じてテーラー業界に入ってきた新参者だ。
それだけに、古着同様「一点モノ」で、しかも「安い」という二つの魅力を
オーダースーツで実現できれば、必ず顧客をつかめると確信していた。
また既成概念が無かったからこそ、軽やかに業界の常識をうち破る挑戦ができたわけだ。


 ところが、多くのテーラーショップが伝統や既成概念にとらわれ、この時流をとらえられずにいた。
旧態依然としたデザインと法外な価格設定で、市場から見放されていた。
若者は「うちのような店には来ない」とあきらめていた節もある。


 伝統や職人気質は、大いな強みとなるが、柔軟さを妨げることがある。
逆にいえば『吉田スーツ』のように、時流をとらえる柔軟な姿勢とちょっとした実行力さえあれば、
どんな厳しい業界でも生き残れる可能性がある。
(カデナクリエイト/箱田高樹)


◆社長の繁盛トレンドデータ◆

『吉田スーツ』

東京都国分寺市本多2-1-1

TEL&FAX:042- 323-8383

最寄り駅:JR国分寺駅より徒歩5分

http://www.yoshida-suit.com

 

第7回(やる気のある新人を一緒に育てる)「清水すし横町」前のページ

第9回(入りにくくすることでリピーターを増やす)「ikra(イクラ)」次のページ

関連記事

  1. 第62回(「イベントを出し惜しみしない 昭和浴場」)

  2. 第3回(スローフードのファストフードがジレンマを解消する)「八十八楽」

  3. 第40回(切実な悩みを日常的にサポートする「知食旬菜ETSU」)

最新の経営コラム

  1. 第19話 男女の賃金格差の開示義務化と女性の活躍推進の必要性

  2. 第60回 使い方を決めるのは消費者

  3. 第37回「日本が唯一『女形』」

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. 経済・株式・資産

    第104話 中小企業の事業承継(7)
  2. 後継者

    第85回 撤退のノウハウ
  3. 戦略・戦術

    第56回 『テキサス州は、アメリカで最も勉強になる場所!拡張性が大事』
  4. 社員教育・営業

    第3講 お客様の声を神の声にできるかできないかは企業しだい
  5. マネジメント

    第105回 『あの人のために仕事をしたい』
keyboard_arrow_up