menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

仕事術

第24回「これ1台でネット放送も!最新ムービーカメラ活用例」

デジタルAVを味方に!新・仕事術


スマートフォンの普及に伴い、動画撮影用のムービーカメラも、スマホ連携やインターネットとの親和性が大幅に向上しています。

もうムービーは、運動会を撮影するためだけの道具ではありません。最新のムービーカメラ、パナソニック「HC-X920M」を例に、新機能の数々を、ビジネスへの“応用”という観点からご紹介します。 

digital2013081.jpg

 

【製品情報】
メーカー: パナソニック
型名: HC-X920M
製品URL: http://panasonic.jp/dvc/x920m/)

2013年2月発売  実売価格: 9万円前後

*パナソニック最高画質を謳うハイグレードモデル。64GBメモリー内蔵で長時間録画可能。 

 


情報発信力を強化!1台でネット放送が可能に! 

 digital2013082.jpg

写真:WiFi関連機能を多数搭載。その中でも新しいのがUSTREAM配信機能。 

 

従来、USTREAM(http://www.ustream.tv/ 動画を配信できる、インターネット上のサービス)で生中継をしたい場合、原則、カメラに加え、インターネットに接続可能なパソコンが必要でしたが、パナソニック「HC-X920M」なら単体で可能に。動画配信が身近になるのです。

インターネットへの接続は、オフィス内なら常設のWiFiアクセスポイントを、オフィス外ならモバイルルーターやスマートフォンのテザリング機能(携帯電話のデータ通信機能をWiFi化)を利用すると良いでしょう。

オフィス内からは、セミナー形式で情報を発信したり、製品やサービスの実演などに利用してはいかかでしょうか? 生中継なら、Twitterなどで視聴者からの質問や反応を採り入れるなど、柔軟な進行も可能です。録画ビデオには不可能な臨場感は、より多くの視聴者を惹き付けるでしょう。

オフィス外なら、イベントや展示会出展の様子を中継してはいかでしょうか? 情報の伝達にとどまらず、興味を持った視聴者が、会場へと足を運んでくれるかもしれません。

小売店、飲食店、娯楽施設なら、店舗の様子を継続して生中継しておくと、視聴者は活況度合いや空き状況を判断できるので、来客の切っ掛けになるかもしれません。

リゾートホテルなどでは、自慢の景観を24時間放映している施設も増えてきました。

(注: USTREAMはリアルタイム配信が可能ですが、システムの都合上、配信映像には30秒程度の遅延があります。) 

 家庭用としては2011年に東芝が世界で初めて55型を製品化した後、他の各社からも数モデルが発売されましたが、高価でもあり、一部のマニア以外には縁遠い存在でした。しかし、2013年は、ソニー、シャープ、東芝から50型~84型程度の製品が出揃い、50型クラスなら店頭売価も1インチ1万円を切った事で、急速に現実味を帯びて来ました。  
映像を見ながら遠隔操作! 

digital2013083.jpg

写真:iPhone画面。カメラが捉えている映像を動画で確認。録画やズーム操作も可能。 

パナソニックが無償で提供する専用アプリ「Panasonic Image App」(iOS/Android)をインストールしたスマホやタブレットを用意すれば、「HC-X920M」の捉えている映像を、スマホ/タブレット画面上でリアルタイムに確認でき、動画撮影開始・停止、ズーム、静止画撮影などの操作が可能です。

社内行事、講演、セミナーなどの記録として撮影する際、ムービーカメラの前を人が横切ってしまい、録画映像が見辛くなってしまった経験はありませんか? 

遠隔操作機能があれば、手が届かない、つまり、人がカメラの前を横切る心配の無い高い位置にムービーカメラ設置する事も可能になるのです。また、講演者が自ら操作する事も可能で、少人数での運営にも威力を発揮します。

「HC-X920M」なら、映像や操作には殆ど遅延が無く、操作感も良好で実用的です。

(備考: 「HC-X920M」とスマホ・タブレットは直接接続可能。無線アクセスポイント・ルーターを介しての接続も可能。)

 

見守り・監視 機能  

「HC-X920M」が捉えた映像を、インターネット経由で、スマホやタブレットで視聴する事ができます。(注: 無線でインターネットに接続できる環境が必要)

例えば、「HC-X920M」を自宅にセットしておけば、オフィスや外出先から、ペットの様子をリアルタイムで見守る事ができます。また、「HC-X920M」をオフィス玄関、倉庫などに設置しておけば、簡易的な監視カメラとしても利用できますね。

 

さいごに

最新のムービーカメラは、スマホ連携を中心とした機能が充実しつつあります。アイデア次第でビジネスへの活用も可能ですので、注目してみては如何でしょうか?

因みに、こうしたムービーカメラの多機能化は、スマートフォンの台頭が背景にあります。カメラやムービーカメラの市場は縮小傾向にあり、生き残るために、専用機ならではの機能(画質)を打ち出すか、スマホとの共存(高機能化)に活路を見いだそうとしています。今後も、スマホに刺激され、家電の進化が加速しそうです。 

 

 鴻池賢三

第23回「ビジネスにお薦めの超小型スピーカー ベスト3」前のページ

第25回「仕事シーン別 おすすめビデオカメラ」次のページ

関連記事

  1. 第110回 手軽に3D設計!イメージを形にして分かり易く伝える!

  2. 第23回「ビジネスにお薦めの超小型スピーカー ベスト3」

  3. 第58回 大IoT時代に先手?ソフトバンクがARM社を買収する真の狙いとは?

最新の経営コラム

  1. 人の心を取り込む術(18) 潔いNo.2の生き方(直江兼続)

  2. 第45回 中小企業の経理DXは「IT導入補助金」を活用する|新設「デジタル化基盤導入枠」

  3. 第78回『ポイントは自由に付与していいの?』

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. マネジメント

    第59回 「サブスクリプション」って何?
  2. 社員教育・営業

    第29講 お申し出者のお宅への訪問対応~その7~
  3. 後継者

    第83回 リスクの原語は「勇気をもって試みる」
  4. 社員教育・営業

    第35話 成長課題 管理職の部下育成術(35)
  5. 戦略・戦術

    第139話 平成30年の税制改正の問題点は?
keyboard_arrow_up