menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

仕事術

第95回 手軽にいい音。新しいオーディオのカタチ

デジタルAVを味方に!新・仕事術

digital1908no1.jpg
■サウンドバーが人気!
不況と言われるオーディオ業界ですが、伸びているジャンルがあります。サウンドバーと呼ばれる、主にテレビの前に設置する、比較的小型な棒形状のオーディオシステムです。
薄型化とともに弱体化したテレビの音声を補うのが主な用途で、手軽に映画や音楽の迫力を増してくれます。
往年のオーディオファンから考えれば簡易的なシステムと言えますが、手軽さを求める一般家庭に受け入れられています。
■サウンドバーで大人気のヤマハ「YAS-109」
digital1908no2.jpg
サウンドバーは各社から発売されていますが、ここ数年、売れ筋ナンバーワンを維持して好調なのが「ヤマハ」。最廉価シリーズは価格が3万円弱と手頃な上に機能も音質も充実し、消費者の心をがっちりと掴んだようです。
そのヤマハの最新売れ筋モデルが「YAS-109」。従前モデルの音質をさらに高めた上に、サウンドバーとしては世界で初めてAmazon Alexaに対応し、音声操作も可能に。
リモコンも付属していますが、声で「音量を上げて」「音量を下げて」といった基本的な操作が可能です。また、WiFiにも対応しているので、インターネット接続や音楽配信サービスの設定を行っておくと、「演歌を再生して」や「ポップスを再生して」、と声を掛けるだけで、対応する音楽を再生してくれるなど、小さなお子さんから高齢者まで使いこなせるのもポイントです。
サウンドバーがスマートスピーカーの代わりになり、音質も良いのでリビングのオーディオシステムとしても兼用できると考えれば、非常に合理的です。
新しいオーディオのカタチといって良いでしょう。
■さいごに
かつては世界で名を馳せた日本のオーディオメーカーですが、今ではほとんどが廃業、あるいはブランドが海外企業に譲渡されるなど、不調なのは周知の事実です。
近年は高価で重厚長大なオーディオシステムが好まれず、またスマートフォンの台頭などによって時間の使い方やライフスタイルそのものも大きく変化したのは事実ですが、「YAS-109」のようにユーザーの心を掴めば、カタチは変わったとしても、オーディオ機器への需要はまだまだありそうでs。
また、「YAS-109」が低価格にもかかわらず、WiFi対応、Amazon Alexaやストリーミング音楽再生機能が利用できるのは、スマートフォンで鍛えられた半導体技術のお陰でもあります。既成概念にとらわれず、柔軟な発想こそがメーカーの生き残りを左右しそうです。
【紹介した製品】
メーカー: ヤマハ
製品名: YAS-109

第94回 ホテルの「遅いWi-Fi」を改善する裏技前のページ

第96回 スポーツ観戦は高画質4K有機ELテレビで!次のページ

関連記事

  1. 第82回 中国出張に「WeChat Pay」

  2. 第64回 AIで白黒写真を手軽にカラー化

  3. 第114回 録り逃がし無し。いつでもどこでもテレビ番組視聴

最新の経営コラム

  1. 第169回 「達人に学ぶ①アパホテル 元谷拓さん」

  2. 第4講 まず、担当者がお客様との正しい関係に合った対応をすること!

  3. 第19回 成長するフィンテック企業の戦略 ~ クラウドファンディング Makuake ~

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. マーケティング

    第3回 MIPで下請けを脱する(その2)
  2. キーワード

    第86回創業するなら、断然、「五反田」!?~世界を目指すスタートアップ企業を育む...
  3. 後継者

    第19回 幸せ教育
  4. マーケティング

    第2話 USJの不幸と失敗
  5. 教養

    第60回 『リーダーの教科書』 (著・室井俊男)
keyboard_arrow_up