menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

戦略・戦術

第二十八話_紹介・リピートが率8割を超える 小さなガーデニング会社から学ぶ経営の原則③

中小企業の「1位づくり」戦略

株式会社幸泉は三重県鈴鹿市にある外構・造園会社です。

同社が受注する工事の7割以上は、

お客からの紹介もしくはリピート受注によるものです。

その取り組みを二十二話、二十三話でご紹介しました。

 

二十二話
https://www.jmca.jp/column/motoshi_ichi/ichii22.html

二十三話
https://www.jmca.jp/column/motoshi_ichi/ichii23.html

 

今回は、その続きです。

 

圧倒的多数の接点をつくる

 

幸泉ではお客との接点を多数つくり、
関係性を深めています。

 

OB客を対象としたイベント開催。

ニュースレターの発行。
お礼のハガキ。

 

これらは幸泉独自のフローチャートにのっとって、
最適のタイミングで発信されます。

 

フローの基準は業務の流れです。

 

ichi281.png

 

この図は、初来店から入金までの
どのタイミングでハガキを出すかを示したものです。

 

実際は、来店以前からニュースレターを届けているお客もいます。

年2回開かれるイベントに参加しているお客もいます。

 

OB客となったあとも、イベントやニュースレター、
ハガキなどの接点は減りません。

 

ichii282.png

ichii283.png

 

 

そして忘れてならないのは、
打ち合わせでお客と直接会っているにもかかわらず、
ハガキでも間接的に会っている接点の多さです。

 

 

人は自分に関心を示す人を好きになります。

業績をよくするためには、まず、自分の方が先に
お客さまに関心を示すことです。

 

お客さまへの関心は「思ってた」「考えてた」では
示しようがありません。

 

態度で示さなければ効果は上がらないのです。

お客さまに対して態度で示すこと
これは、コミュニケーションを投入です。

 

直接お客さまと顔を合わしていなくても
コミュニケーションを投入することはできます。

 

その手段の1つが手書きのハガキです。

 

手書きのハガキは、非効率的なモノだと考えられがちですが、
だからこそ、お客さまの立場になると、
「自分のために時間をとって書いてくれたんだな」とか

「自分のことを気にかけてくれているんだな」とか

相手の気持ちに寄り添う取り組みだと考えています。

 

簡単、すぐできる、便利
これとは真逆の取り組みが、人の心を動かすのではないでしょうか。

 

幸泉のお客さまとの接点を増やす取り組み、
圧倒的な“接近戦”は、お客が増える要因なのです。

第二十七話 紹介・リピートが率8割を超える 小さなガーデニング会社から学ぶ経営の原則②前のページ

第二十九話_紹介・リピートが率8割を超える 小さなガーデニング会社から学ぶ経営の原則④次のページ

関連セミナー・商品

  1. 佐藤元相の《何かの分野で1位になれば》必ず儲かるCD

    音声・映像

    佐藤元相の《何かの分野で1位になれば》必ず儲かるCD

関連記事

  1. 第二十六話_紹介・リピート率が8割を超える 小さなガーデニング会社から学ぶ経営の原則①

  2. 第八話 遊ぶ町工場_ヒルトップ 企業視察の着眼点

  3. 第十四話 「お客に対する報・連・相」で信頼関係を高める

最新の経営コラム

  1. 第121回 騒音を低減して、仕事も学習も効率アップ!

  2. 第20回 新事業は社長の情熱が成功を決める

  3. 第183話 ボタンを掛け違えたM&A

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. 後継者

    第19回 幸せ教育
  2. 社員教育・営業

    第29号 外部招聘社長のための全員営業の活用法【問題提起編】
  3. 後継者

    第25回 相続対策より子供を鍛えよう
  4. 人事・労務

    第10話 平成22年4月から労働基準法の一部が変わります
  5. サービス

    128話《きのこのつぼ焼きがおいしい福岡の老舗ロシア料理店》ツンドラ @福岡市・...
keyboard_arrow_up