menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

人間学・古典

第31講 「言志四録その31」
性分の本然を尽くし、職分の当然を務む。

先人の名句名言の教え 東洋思想に学ぶ経営学

【意味】
天地自然から与えられた人間性能を充分に活かし、自分の行うべき仕事に励む。


【解説】
自他の比較思考に慣れた現代人は、掲句のような本質論で迫る言葉に弱いようです。
月給が多い少ない、社内地位が高い低い、得をする損をするなど・・の比較判断ならば瞬時に下すことができます。
しかし大上段から、人間の本質は何か、お前の使命は何か・・と問われますと答えに困ってしまう人々が増えています。


「洞察力」とは事の本質を見抜く力です。
これは物事を深く粘り強く考え続ける訓練により身に付きます。
三国志の魏志に「読書百遍にして義自ら見る」とあります。
難解な名言を一ヶ月考えて解らなければ、更にもう一ヶ月考え続けよという教えです。

一見強気の勇ましい教えですが、経験からすれば気軽な取り組みを優先して、力み過ぎて中断しないことが肝心です。
折に触れて通勤電車の中や就寝時の布団の上などでぼんやりと
考えていますと、自然に潜在意識レベルの思考が始まります。
これを私は「アイドリング潜在思考」とよんでいますが、思考の総量が貯まってくれば自然に顕在意識の領域に溢れ出します。


掲句の「性」とは、立心偏に生と書くことから生まれつきということ。
「性分の本然を尽くす」とは、天地自然から与えられた人間性能を充分に発揮せよという意味です。

「職」とは、為すべき義務を履行すること。「職分の当然を務む」とは、社会の中で活かされていることに感謝し、
ご恩返しのつもりで自分の役割である仕事に 励めという意味です。


人間学では「天命観」「使命観」を大切にします。
一方の創造主側である天地自然と、もう一方の創造される側の万物(人間も万物の一つ)の関係を表す言葉です。
創造主の天地自然は、ある種の期待(命令)をもって人間を世に送り出します。
当然送り出された人間もこの期待(命令)を宿して生きることになります。
この天が期待する命令を「天命」といい、人間が果たすべき責任を「使命」といいます。

このように「天命」「使命」は、「宇宙自然力の後押しをえた生命力」となりますから、
個人我欲による生命力とは比べものにならない強さが生まれます。
立派な業績を上げた歴史上の人物が「○○の天命を担った男」や「○○の使命を実現した男」と称えられますが、
宇宙直結の生命力に支えられた活動だから、立派な 業績に繋がったと考えます。


「人間学を何のために学ぶか?」と問いかけてくる企業人が増えてきました。
主宰する「人間学読書会(無料)」も、22年間で291回の開催で延参加者4万人を超えました。
お陰さまで数多くの天命観・使命観を担うレベルの指導者が育っています。
トップの自己鍛錬する最適の会ですので、ぜひご参加されることをお勧め申し上げます。

 
 
杉山巌海

第30講 「言志四録その30」人は少壮の時にあたりては、惜陰を知らず。四十を過ぎて以後始めて惜陰を知る。前のページ

第32講 「言志四録その32」本然の真己あり、駆殻の仮己有り。次のページ

関連セミナー・商品

  1. 社長の大義と実践経営

    音声・映像

    社長の大義と実践経営

  2. リーダーの心得 社長の経営洞察力篇

    音声・映像

    リーダーの心得 社長の経営洞察力篇

  3. リーダーの心得 好・不況時の社長心得篇

    音声・映像

    リーダーの心得 好・不況時の社長心得篇

関連記事

  1. 第25講 「言志四録その25」
    国に道有る時は、言路開く。慶すべきなり。ただ恐れる、功利の徒、時に乗じて紛起群奏するを。

  2. 第43講 「言志四録その43」
    我既に天の物なれば、必ず天の役あり。

  3. 第78講 「帝王学その28」
    公、外に奢り、内に倹にして、声色の娯しみ無し。

最新の経営コラム

  1. 第79回 塩原元湯温泉(栃木県) 1200年の歴史を誇る黒・白・緑の極上湯

  2. マキアヴェッリの知(7) 旗幟(きし)は鮮明に

  3. 第21回「球の重さ」

ランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. 健康

    第23回 「思い込みを壊す」
  2. 経済・株式・資産

    第27回 「今後もバブルは発生し崩壊する。求められる危機に負けない資産管理」
  3. ビジネス見聞録

    第3回 強い組織づくりの秘訣|講師インタビュー「人が動く組織のつくり方」松岡保昌...
  4. マネジメント

    挑戦の決断(44) 革命プラン(孫文 上)
  5. 人間学・古典

    第126講 「論語その26」 過ちは、改むるに憚ること莫れ。
keyboard_arrow_up