menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

サービス

第174回 パティスリー エチエンヌ @新百合ヶ丘 ~至上最強のチョコレートムース

大久保一彦の“流行る”お店の仕組みづくり

パティスリー エチエンヌ

店が自宅から近いのに行こうと思っていてなかなか行けてない店があります。

もっとも、私の住んでいるエリアには『リリエンベルグ』『ピュイサンス』ちょっと脚を伸ばせば『アジキユージ』にお値段低めの『Snowman』などいろいろありますから、何かきっかけが必要なのだと思います。

 

あるとき、フォローしている洋菓子研究家「大久保みらん」さんのInstagramを見て、行ってみようと決心、引っ越して10年以上になりますが初めて訪問しました。

店は新百合ヶ丘南口から稲城方面に7、8分歩いたところにあります。

広めの店舗で、雰囲気の良い街路樹の歩道にテーブル席があり、”イートアウト”できるようです。

店内にはセルフの水と珈琲があるのも良いです。

 

まずは『パティスリー エチエンヌ』をホームページで確認してみましょう。

パティシエの経歴もチェックします。

パティシエはオーナーシェフの藤本智美さんとスイートアートデザイナー藤本美弥さんのご夫妻です。お二人とも「グランドハイアット東京」にいらっしゃったようです。

オーナーシェフの藤本智美さんさんは2007年洋菓子世界大会の最高峰である「第10回クープ・デュ・モンド・ドゥ・ラ・パティスリー2007」に日本代表として出場し、総合優勝されたそうで、16年ぶりに日本チームを優勝へと導いたパティシエのひとりだそうです。

出典: パティスリー・エチエンヌお取り寄せのページより

 

本日はいろいろ食べたいですが、今日は當店スペシャリテの「リベルテソヴァージュ」を注文します。

こちらが2007年にフランス・リヨンにて開催された洋菓子世界大会の最高峰「第10回クープ・デュ・モンド・ドゥ・ラ・パティスリー2007」の優勝作品だそうです。

それでは、「リベルテソヴァージュ」を実食します。最初にコーティングしたキャラメルの味わいがきます。続いてなめらかなチョコレートムースのテクスチャが来て、中に射込んだソテーしたバナナとキャラメルのヌガーーが入っていてます。バナナの軽い酸味のキレの良い甘さ、タイミングのよいサクサク感が良いです。

 

これはおいしいです。チョコレートムースとバナナがこれだけバランス良く存在しているのは初めてです。

これまで食べたチョコレートムースで最高かもしれません。

また訪問して、他のアイテムの研究をしたいと思います。

 

パティスリー エチエンヌ

〒215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺6丁目7−13

電話 044-455-4642

第173回 すし遊館 @岡山県倉敷市 ~シャリに木村式自然栽培倍米のあさひ米と生本マグロをウリにするユニークな回転寿司前のページ

第175話 飄香(ピャオシャン) @広尾 ~古典四川料理を深化させインスパイアした「井桁劇場」次のページ

関連記事

  1. 第132話 《ミシュラン手つかずの隠れ家!!天才女将が打つ二八蕎麦は東京でもトップ10に入るかも》浅草じゅうろく @台東区浅草

  2. 2軒目 「四川の摩訶不思議」

  3. 58軒目 見えないところに労を惜しまぬ店

最新の経営コラム

  1. 第22回 常に減価償却を増やすことを考えている

  2. 第175回 コミュニケーション上手になる仕事の進め方97 「教える時に上手く相手に届くポイント」

  3. 「慶び/喜び」「心より/謹んで」の違いは?ビジネスで使えるお祝いのフレーズ集

ランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. 教養

    第33回 『ボディ・ブレイン: どん底から這い上がるための法則(ルール)』 (著...
  2. 仕事術

    第13回「最新wifiカメラをフル活用」
  3. サービス

    46軒目 京都三大ディープスポットで感動の出会い
  4. キーワード

    第51回 ロボットの活用
  5. 人間学・古典

    第9講 「言志四録その9」春風を以て人に接し、秋霜を以て自ら慎む。
keyboard_arrow_up