menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

社長業

Vol.19 まだ未着手であれば、自分の目と足で中国に触れてみること

作間信司の経営無形庵(けいえいむぎょうあん)

 先週3日間ながら、上海に行ってきた。

 T会長の同行があったので、絶対公開しない、上海U有限公司の工場を視察させていただき、貴重なお話を伺うことができた。

昨年、視察した広州の日系企業は100%日本への輸出のため、総経理(社長)の方針や実際業務がU社とまったく違うことが非常に印象に残った。

 上海の会社は、100%現地販売を目指しているために、自社販売網とマーケティング、売り上げの回収に、詳しくは述べられないが独自の戦略を持っておられた。

 地域によっては、昭和40年代~50年代の日本での経験と、名古屋・広島支店長時代の経験が、すごく役に立っているとも言っておられた。なぜか、名古屋と広島だ。

 帰国の日、街で偶然、名古屋のTグループの協力工場の社長と(2人)とバッタリ会った。

 K社の上海工場の視察が目的で、自分たちの進出も検討中の様子である。
 もはや中国を無視しては経営できないほどだ。

 キチッキチッと分類することは危険かもしれないが、
   1.100%日本向け輸出での進出。
   2.発注元、親会社の進出に従っての工場進出。
   3.100%現地化を狙った進出。
 ・・・・の3分類で視察先や情報を読み比べると、とても整理しやすいのではないか。

 このメールを書いているとき、O理事長から電話が入って「中国ビジネス」の打ち合わせの日を決めた。上海の話をしたら「なーんだ同じ日、僕も北京から上海に入ってたのに」との談。

 彼は、中国の大学に太いパイプを持ち、コネを探せば、いっぱい足元にある。
人材採用と中国人の日本語教育の専門家である。

 これでは、デフレのそこはまだまだ見えない。

Vol.18 事業の後継が完了する時前のページ

Vol.20 常識を一回、すべて疑ってかかるとチャンスがみえてくる次のページ

関連記事

  1. Vol.152  運も天も味方につける

  2. Vol.127 「競争力・信用力を守る2つのプロセス」

  3. Vol.40 社長として、今、何に挑戦していますか?

最新の経営コラム

  1. リーダーが学ぶべき「日本の経営者の東西横綱」とは誰か?

  2. 第9講 JALがファーストクラスのコーヒーカップに障がい者アーティストのデザインを採用する理由 ―ウェルビーイング経営の戦略―

  3. 第145回『十五の夏』(著:佐藤優)

ランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. マネジメント

    万物流転する世を生き抜く(30) 英雄の嘆き
  2. 社員教育・営業

    第47回 「電話診断を受ける効果」
  3. マーケティング

    第4回 中小企業を発展させる「MIP」とは(その2~新しい市場をつくる)
  4. 健康

    第95回 鬼首温泉(宮城県) 夏こそ入りたい! 天然の「滝の温泉」
  5. マネジメント

    第200回 経常利益高ひとり200万円を目指す
keyboard_arrow_up