menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

社長業

Vol.18 事業の後継が完了する時

作間信司の経営無形庵(けいえいむぎょうあん)

 親しい息子さんが10月に父親から、三代目のバトンを託された。今、日本中で続々である。
 
 ただ多くの後継社長は、なかなか自分の経営が出来ないことでイライラもしている。実際、様々なケースを見聞すると3局面で事業後継が完了している。
 
  1.主要なお客様、取引先が新しくなる。
  2.新商品、新事業が収益の中核をなす。
  3.自分が育てた幹部が組織の中心にすわる。
 
 冷静に現業を分析すると、先代社長が何年もかけて開拓した得意先や商品や幹部に囲まれての出発である。当然、受注事業や見込事業によって、自分の経営をすすめる前に地道に現業を守りつつ新社長自身が開拓した得意先・商品・幹部が中心にすわってこそ、後継完了である。
 特に自分の右腕、左腕は時間がかかるだけに一刻も早い着手が必要である。
 
 あせりは禁物であり、会長への事後報告はもってのほかである。心して当りたい。

 

Vol.17 「後継者の就職先3大条件」前のページ

Vol.19 まだ未着手であれば、自分の目と足で中国に触れてみること次のページ

関連記事

  1. Vol.3 リサイクル新事業で注目の一貫システム

  2. Vol.54 もっと高く売っても喜んでくれる「お客様」は必ずいる

  3. Vol.111 「次の成長エンジンをカタチにする社長の一手」

最新の経営コラム

  1. 第183話 ボタンを掛け違えたM&A

  2. 第153話 さとう@川崎市☆新百合ヶ丘 ~地域密着でがんばる凄い海鮮ちらしの寿司屋

  3. 第195回 BCP(ビジネス・コンティニュー・プラン=事業継続計画)について

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. 社員教育・営業

    第70講 クレーム対応のルールを間違って理解しているから失敗する(10) お客様...
  2. マネジメント

    第30回 『状況判断能力と統率力』
  3. 健康

    第39回 たまて箱温泉(鹿児島) 「3密」とは無縁の絶景露天風呂
  4. 人間学・古典

    第31講 「言志四録その31」性分の本然を尽くし、職分の当然を務む。
  5. 人間学・古典

    第90講 「帝王学その40」 人主の侈心を生ぜんを恐るる。
keyboard_arrow_up