menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

社長業

Vol.18 事業の後継が完了する時

作間信司の経営無形庵(けいえいむぎょうあん)

 親しい息子さんが10月に父親から、三代目のバトンを託された。今、日本中で続々である。
 
 ただ多くの後継社長は、なかなか自分の経営が出来ないことでイライラもしている。実際、様々なケースを見聞すると3局面で事業後継が完了している。
 
  1.主要なお客様、取引先が新しくなる。
  2.新商品、新事業が収益の中核をなす。
  3.自分が育てた幹部が組織の中心にすわる。
 
 冷静に現業を分析すると、先代社長が何年もかけて開拓した得意先や商品や幹部に囲まれての出発である。当然、受注事業や見込事業によって、自分の経営をすすめる前に地道に現業を守りつつ新社長自身が開拓した得意先・商品・幹部が中心にすわってこそ、後継完了である。
 特に自分の右腕、左腕は時間がかかるだけに一刻も早い着手が必要である。
 
 あせりは禁物であり、会長への事後報告はもってのほかである。心して当りたい。

 

Vol.17 「後継者の就職先3大条件」前のページ

Vol.19 まだ未着手であれば、自分の目と足で中国に触れてみること次のページ

関連記事

  1. Vol.145 「我社の変化、革新をスピードアップさせる」

  2. Vol.47 社内力学が市場力学に勝つと・・・

  3. Vol.40 社長として、今、何に挑戦していますか?

最新の経営コラム

  1. 破綻企業の「4つの不良」…「勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし」は経営破綻においても同じだ(第3話/全8回)

  2. 第30講 カスタマーハランスメント対策の実務策⑰

  3. 第126回 食品小売りの覇権争いは地域密着型の食品スーパーの圧勝で決着(ヤオコー)

ランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. 後継者

    第4回 お金を遺すならパッケージで
  2. 経済・株式・資産

    第95話 中小企業の粉飾決算(1)
  3. 不動産

    第89回 コンセント等の位置は各部屋に家具配置を想定してから決める事。
  4. 健康

    第15号 生活習慣、生き方、そのオーラ
  5. マネジメント

    戦略の見方①「森を見て木を見ず」~「景気」や「業界構造」に惑わされずに、自社の競...
keyboard_arrow_up