menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

社長業

Vol.20 常識を一回、すべて疑ってかかるとチャンスがみえてくる

作間信司の経営無形庵(けいえいむぎょうあん)

 昨日(11月19日)サンフランシスコから戻られた渋谷裕司先生の勉強会を主催し、面白い話を伺った。
 
 もともと、ITビジネス、成長産業のコンサルティングを主な活動領域にしておられるが、様々な調査の一環でアメリカの「定年制」を調べたそうである。
 
 結論は、大恐慌時(1929~)に、失業率が20%を越えた頃の、若年層に仕事を与えるために年配者が仕事をやめる制度をつくったことが始まりだそうである。その頃、平均年齢は61才~62才くらいで、60歳定年としたもようであり、日本のルーツはまだ未調査との話であった。
 
 今では、当たり前、常識中の常識のようなものでも。たかだか歴史的には70年までの仕組みであり、疑う余地のないものが「定年」の他にもいっぱいある。
 
 業界の常識、自社の常識をすべて一回疑うことから、新しい道が開ける可能性大ではなかろうか。特に、自社の成長要因を根底から疑うことは、つらい仕事だが、社長にしかできない、大仕事である。

 

Vol.19 まだ未着手であれば、自分の目と足で中国に触れてみること前のページ

Vol.21 人間通への逆バリ10大項目次のページ

関連記事

  1. Vol.108 「戦略実現の武器PDCAサイクル」

  2. Vol.90 「”経営を楽しむ”塚越会長のひと語」

  3. Vol.153 年末年始の過ごし方「無所属の時間」

最新の経営コラム

  1. 第32回 経営改善のヒントが見つかる「3つの点検」

  2. 挑戦の決断(41) 新しい国の形を求めて(徳川慶喜・上)

  3. 第58回 奥塩原新湯温泉(栃木県) 肌が生き返る!?天然の泥パック

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. キーワード

    第193回 高架下商業施設
  2. 経済・株式・資産

    第61話 「中国ビジネスフォーラム北京視察団」訪中レポート
  3. 製造業

    第194号 強い組織をつくる合宿セミナー~その2
  4. 経済・株式・資産

    第97話 米中欧エリートが集う神秘なる学院(上)
  5. サービス

    22軒目 「老後に企業した人気レストラン」
keyboard_arrow_up