menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

後継者

第13回 親側の教育 明るくリスク管理

欧米資産家に学ぶ二世教育

「ご家族のリスク管理としてどんなことされています?」と聞くと、その社長はしばらく考えてから
「イヤー、地震のための非常用パックを用意しているくらいですかねー」と答えた。

日本人はリスク管理に甘いといわれる。会社はともかく「家族のリスク管理」まではなかなか気が回らない。


家族にとって最大リスクの一つが「稼ぎ手に万が一のことがあること」であろう。
「生命保険をかけているから生活は大丈夫」、で大丈夫だろうか?
自社株の承継がある場合は相続対策、遺言書への心配りが必要だが、
子供が社会人として育っていくのを見届ける役も考えておきたい。


欧米では「名付け親」的な人物に加え、昨今はキャリア等の相談にのって貰える
個人的な「メンター」が必要だと考える親が増えてきている。
頼れるメンターに 恵まれたら、それこそ有力なリスク管理になるに違いない。
両親が健在であっても大いに役立ってくれよう。
「親の跡をつぐべきか、起業に関して、相続税が払えるだろうか」など親には言いづらいことが相談できる。


欧米の資産家がよく問題にするのは、配偶者からの離婚の請求
(自社株の買取、資産の分与など)、スキャンダル、誘拐などに対するリスク管理である。
弁護士、警備会社は勿論のこと、スキャンダルに備えてPR会社まで
まきこんだリスク管理プランをたてていると聞くと感心してしまう。
日本の資産家は「節税はしたいが、いくら合法的と言われても脱税なんて報道されたらと大変」
とメディアリスクを恐れる人が多い。

種々のリスクを想定しそれらに備えることは必要だが、その際恐怖心に支配されないことが肝心だ。
「誘拐されたら大変だから、外へ出すのは止めよう。」ではろくな子供に育たない。
やれ地震だ新型インフルエンザだ、ナイフで刺されるリスクなどいちいち心を騒がせていたのでは
折角の人生が楽しくなくなってしまう。
恐怖心は体に悪いし、意欲をなくさせ、過保護な子どもを作ってしまう。
リスク管理をする際は「リスクを楽しむ」くらいの態度が必要だ。



榊原節子     

第12回 親側の教育 最強の相続対策前のページ

第14回 親側の教育 グローバルな視点次のページ

関連記事

  1. 第73回 エリート養成 ― 大局観がもてる人

  2. 第41回 あなたのお子さんは生き延びられますか?

  3. 第42回 遅れている日本のファミリー企業研究

最新の経営コラム

  1. 《特別対談》「すしざんまい」喜代村 社長  木村清×日本経営合理化協会 牟田學

  2. 「会社の健康を守り生産性を上げる法」/精神科医・作家 樺沢紫苑氏

  3. 第69回 奥津温泉(岡山県) 殿様が独り占めした足元湧出泉

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. 社員教育・営業

    第34講 事例を使ってクレーム対応の間違いと、最善の対応を学ぶ(3) ÿ...
  2. 教養

    2018年2月
  3. 健康

    第23号 「正しい質問 VS 誤った質問」
  4. マネジメント

    第221回 温室育ちではリーダーシップは身につかない
  5. キーワード

    第111回 原宿周辺のパンケーキ店行列
keyboard_arrow_up