menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

後継者

第27回 豊かな時代の金銭・生活力教育

欧米資産家に学ぶ二世教育

社会全体がまだ貧しかった時代、子供は飴玉ひとつだって喜んで手伝いをしたものだ。
当時皆「他人の何倍も努力しよう」とハングリーだったし、私自身「インフラの整わない日本では何かと
不利だけど頑張りの精神だけは誰にもまけない」、 と世界へ挑戦する意気込みは旺盛であった。


豊かになった現在、あのようなハングリー精神はどこへいってしまったのか。
では日本よりずっと早くから豊かであった欧米先進国の富裕層はどうなのだろう。
私には、いわゆるエスタブリッシュメントのエリート層、成り金ではなく、代々資産を受け継いできた
ファミリーの中には「気概」や「使命感」が培われている様に思えてならない。
子供のモチベーションを高め、エリートとしての子弟教育を怠らなかった故に
豊であり続けてきたともいえるのではないだろうか。


私は全国各地で金銭教育の講演をしてきた。
単にマネーマネジメント術を教えるのではなく、豊かな時代どうやったら生活力のある子供(含大人)、
積極思考でやる気のある、意欲のある人間を育成できるかという観点からの複合教育を提唱している。


豊かな時代の子育ては貧しい時代には余り必要でなかったノウハウが必要とされるのである。

まず「子供に欲しいもの、やりたいことを残す」ことが必要。
それがモチベーションの原動力となるのだから。
「あれが欲しい」「あれやりたい」という望みを 全て満たすことは親の武器を放棄しているようなものである。


欲しいもの、やりたい事を「勉強に邪魔」「入学試験には無駄」と全面否定してしまえば、
欲、希望、好きなことをやりたいという意欲を失わせ、極端な場合は 一体何が好きなのかも解らなくなってしまう。
これほど恐ろしいことはない。


また時間とお金を手にした親は「我が子可愛さ」の余り、子供のいじり過ぎに陥りやすい。
子供が「自分の意思を持てる」ように気をつけよう。
子供が夢中になっているときは、多少みっともないことでも、可能な限りどんどんやらせよう。
子供の頭というのは、好きなことを一心不乱に追及している時にフル回転し、
いろいろなアイディアを思いつき、創造力を培養していくのである。
トコトンやらせてみればいいのだ。
きっと試行錯誤を繰り返しながら、交渉力や生活力を身 につけていく。


欧米のエスタブリッシュメントは、よくみていると一旦親子で合意したことは頑なまでに最後まで守らせる。妥協しない。
それが自己責任をとるということであ り、何事であれ成し遂げれば
それが達成感につながり、更なるやる気を呼びこむことを知っているからである。
家の手伝い、宿題、なんとか褒めあげ、最後まで やりとげさせようと涙ぐましい工夫をする。
「親子で決めた手伝いにも拘わらず、それをメイドさんがやった場合、その給料の一部は子供に請求すべきだと」
と 専門家はアドバイスさえする。ここまでの自信や頑固さは日本人にはない。


エリート層は子供に厳しく決して甘やかさない。
お金をふんだんに与えるようなこともしない。エリートは普通程度ではいけないのである。
恵まれた環境にいる のだから、他人の何倍も優れた人間を目指すのが当然であり、社会に多大な貢献をする
義務があると教える。教えられなくても「そうした気概を持つのが当たり 前」の雰囲気のなかで育てようとする。


彼らは総じてグローバルな視点の持ち主である。
子弟は寄宿学校で机を並べ、世界の保養地でヨットやスキー等を共に興じて育っていく。
今後はそうした後継者たちの目をもっとアジア、或いは他の途上国に向けさせようとするに違いない。
彼らに異質な世界を体験させ、将来のエネルギー、成長の源泉を肌身をもって感 知させていくのである。
 

皆さんもお子さんたちをアジア、そして途上国に留学なり旅行をさせ、
その貧しさや問題とともにエネルギーに接しさせてはどうだろうか。
そうした経験は将来ビジネスを展開する上できっと役立つことになろう。
言語も英語に加え中国語ポルトガル語などにチャレンジさせてみてはどうだろうか。

 

榊原節子   

第26回 相続と御成敗式目前のページ

第28回 相続税対策に役立つ新資産管理ソフト次のページ

関連記事

  1. 第42回 遅れている日本のファミリー企業研究

  2. 第23回 家憲のすすめ

  3. 第71回 子供達はいざという時 大丈夫なのか

最新の経営コラム

  1. 第四十一話 認知度アップの鍵! Instagramを効果的に活用する方法

  2. 第11話 職種によって評価要素ごとのウエイトを加減すべきか

  3. 第148回 中国の不動産バブル崩壊と金融リスクは要注意

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. 製造業

    第296号 楽にする
  2. 経済・株式・資産

    第12話 メガバンクの最新動向 ~サステナブルファイナンス~
  3. マネジメント

    第75回 絶対に「売れてしまう」マーケティングとは何か?
  4. 製造業

    第237号 改革より改善
  5. 不動産

    第75回 部屋と部屋等の間仕切り壁の下地のボード厚さは12.5ミリが良い
keyboard_arrow_up