menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

後継者

第33回 こんな二世がいい

欧米資産家に学ぶ二世教育

 

ある経営団体のトップの方に、彼自身オーナー企業の二代目でもあるのだが、後継者としての必要な資質は何かをリストアップしてもらった。

変化に対応する能力

●将来への方向を指し示す能力

●自分より優れた人材を招き、やりがいを感じさせることができる(人の能力を引き出せる)

●空気が読める

●気配りができる

●大らか

●軸がブレない(ビジョン、使命感) 

こうした資質は、生まれながらもあるだろうが、実は後天的に培われていく面が大きいように思う。イギリス再興の功労者とされるサッチャー元首相の政治的素養は父親との食事時の政治談議によって育まれたという。食事をともにしながら、或いは旅行の車中で、「店舗網をもっと全国に拡げようと思うが、どこで、優先度はどうつける?」「社員がすぐ辞めてしまうが、君ならどんな方策をとるか」など、当面する問題をテーマにした対話型でのマンツーマン教育は極めて有効であろう。 

しかし、現実には多くの経営者が自分の後継者に不満を抱く。自分と同じような感性、考えを持つ人物を好むのだが、クローン的二世が育つと、「小粒だ、物足らない」という。といって、新人類的元気モリモリ型だと、コレまた大いに面白くない。 

世代格差はそもそも古代エジプトより存在し、現役世代にとって、次世代というのは何かにつけて気に入らないのだ。それが当たり前の姿で、それでいつの時代でも「今どきの若いものはどうしようもない」という発言に繋がる。

世の中は絶えず変化している。ましてや変化の激しい昨今、自分と同じような考えでない、髪を染めている、言動が気にくわないというだけで否定してしまうのはどうだろうか。

「こんなモンだ」くらいに構えていた方がいいのではないか。若い世代をあまり抑えつけると「無気力」というしっぺ返しが待っているような気がしてならないのだが。

榊原節子

第32回 後継社長への修練 2前のページ

第34回 家族マターは全員一致次のページ

関連記事

  1. 第34回 家族マターは全員一致

  2. 第98回 あなたのストーリーは何ですか?

  3. 第93回 経営者とストレス

最新の経営コラム

  1. 第79回 塩原元湯温泉(栃木県) 1200年の歴史を誇る黒・白・緑の極上湯

  2. マキアヴェッリの知(7) 旗幟(きし)は鮮明に

  3. 第21回「球の重さ」

ランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. 経済・株式・資産

    第16話 これから起きる中国経済の2つの逆転に注目せよ!
  2. 人間学・古典

    第76講 「帝王学その26」 太宗、一駿馬あり、にわかに死す。馬を養う宮人を怒り...
  3. マネジメント

    第181回 予測できる未来を増やす
  4. マネジメント

    第182回 過去と未来は切り離して考えろ
  5. 社員教育・営業

    第48回 「最近の電話応対の傾向」
keyboard_arrow_up