menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

キーワード

第19回 中国・自動運転車ベンチャー

社長のメシの種 4.0

 シリコンバレーでEV(電気自動車)ベンチャー企業のByton(バイトン)、自動運転バス「アポロ(Apollo=阿波龍)」を開発している百度(バイドゥ)といった中国企業も視察した。
 両社とも中国政府の支援を受けているベンチャー企業で、中国ではソフトバンク・ビジョン・ファンドのような役割を政府が行っているという印象を受けた。
 
 
 

■Byton

181113_1.jpg
 
 Bytonは今年1月、米ラスベガスで開催された「CES」でSUVのコンセプトカー「M-Byte」を出展、この車の試験的生産ラインは4月1日に江蘇州南京工場完成し、今年末までに100台の量産試作車を製造するとしている。
 その後の年間生産規模は30万台で、中国では2019年、欧米では2020年に量産車を発売すると発表した。
 
 
 M-Byteは自動運転機能、インターネット通信機能を搭載するコネクテッドカーで、運転席と助手席の前方のダッシュボードにある49インチの横長大型ディスプレイが特徴だ。
 
 
 また、今年6月中旬に上海で開かれた「CES ASIA」で発表された2台目の小型セダン「K-Byte」をシリコンバレーで見てきた。
 私が見たのはドアも開かないモック車だったが、実際のK-Byteはレベル4、レベル5の自動運転車で、LiDAR(ライダー)、Radar(レーダー)、カメラなどのセンサーが搭載される予定だ。
 
 
 LiDAR(Light Detection and Ranging)はレーザー光を使った物体検知と距離測定を行うセンサーで、その物体がどこにあるのか、その物体がどんな形状をしているのかまで検知できるため、道路周囲の建物やガードレールなどの形状まで織り込んだ「3次元地図」と照らし合わせて走行でき、自動運転車の実用には不可欠だ。
 
 
 Bytonはこの他にも7人乗りのミニバンも発売する予定で、これらの3車種は同じプラットフォームを使っているという。
 
 
 中国は2017年の新車販売台数が2,888万台と世界最大の自動車市場となっているが、急速にEV(電気自動車)化も進めており、中国政府の「自動車産業中長期発展規画」(2017年4月の)では、2020年の新エネルギー車(NEV)年間生産・販売台数が200万台、2025年はNEVが生産・販売に占める割合を20%以上とするという目標を示しているため、EV車の競争も激しくなっている。
 
 
 

■百度(Baidu)

181113_2.jpg
 
 百度の「Apollo」は、都市部の低速エリアを想定して設計されている電動ミニバスで、自動運転車向けソフトウェアをオープンソース化(Project Apollo=アポロ計画)していることが特徴だ。
 
 
 中国の検索エンジンとして知られる百度だが、今は自動運転車の方が注目されており、アポロ計画も2017年4月の発足後1年余りで自動車メーカー、サプライヤー、半導体メーカーなどが100社以上が集まり、これにより百度は大量の運転データにアクセスできるようになった。
 
 
 百度は日本でもソフトバンクグループのSBドライブと組んで、公道における自動運転バスの実用化を目指し、2019年初期までに実証実験用車両を含む10台を日本に持ち込む計画だ。
 
 
 今後の自動車は「CASE」(Connected=コネクテッド、Autonomous=自動運転、Shared & Services=シェアリング、Electric=電動化)という新しい価値に注目が集まっているが、この傾向は世界中に広がっており、中国を始め世界中にベンチャー企業が生まれている。
 
 
 
======== DATA =========
 
●Byton
https://www.byton.com
 
●百度(Baidu)
https://www.baidu.jp
 
●Project Apollo(アポロ計画)
http://apollo.auto

第18回 トヨタ・ソフトバンク提携前のページ

第20回 電動キックスクーター次のページ

関連セミナー・商品

  1. 新しい儲け方のヒント

    新しい儲け方のヒント

  2. 黄金の6年は、日本のビジネスチャンスCD

    音声・映像

    黄金の6年は、日本のビジネスチャンスCD

関連記事

  1. 第54回 EC売上急増

  2. 第52号 丸の内永楽ビルディング

  3. 第203回 スターバックス・リザーブバー

最新の経営コラム

  1. 第四十一話 認知度アップの鍵! Instagramを効果的に活用する方法

  2. 第11話 職種によって評価要素ごとのウエイトを加減すべきか

  3. 第148回 中国の不動産バブル崩壊と金融リスクは要注意

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. キーワード

    第151回 ログロード代官山
  2. マネジメント

    第39回 『スタッフ部門の心構え』
  3. キーワード

    第90回資生堂を日本一元気な会社に変えた魚谷雅彦社長の改革~売上1兆円突破!何が...
  4. 戦略・戦術

    第222号 7.3%
  5. 社長業

    Vol.108 「戦略実現の武器PDCAサイクル」
keyboard_arrow_up