menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

マネジメント

会議出席とは、座ることではなく発言すること(臥龍の業績アップ通信 11月1日号)

朝礼・会議での「社長の3分間スピーチ」ネタ帳

「会議出席とは、座ることではなく発言すること」

会議出席とは、座ることではなく発言すること。

出席して発言しない人は、思考力も意思力もない人と評価される。

これが世界の常識だ。

物語コーポレーションから生まれ、臥龍ファミリーに広がっているものに「名言のすすめ」がある。

会議の開始前に、唱和している。

(ここから)

■明言のすすめ

「反応・発信・明言」は
「意思決定」の見える化です。
大きな声で皆に聞こえるように皆に分かりやすく
具体的に伝えることです。

「反応しない」「発信しない」「明言しない」は
「意思決定できない」
「行動できない」
「やる気がつくれない」
「整理できない」の見える化です。

「意思強固」だから
「明言」するのではありません。
「明言する」から
意思決定できる 行動できる 
やる気が出る 整理できる 
自分の意思ができるのです。

「明言」するから相手も「そう!」「違う!」と
反応してくれるのです。
「明言」するから相手も自分の意見に気がつくのです。
「明言」するから議論が生まれるのです。
間違っていれば「ごめん、すまん」と
素直に詫びればいいだけです。

(ここまで)

日本人には、圧倒的に「名言」回数が足りません。

「自分の意見が出来たから名言するのではない、
 名言するから自分の意見に気が付くのである」(臥龍)

「名言した回数に、自分の意思力は比例する」(臥龍)

「名言」はIQの問題ではない、クセの問題。

故に、明言は意思力ではなく、仕組み力で高めることも必要だ。

例えば、起立した状態で会議をはじめ、発言した人から着座していくなどだ。

日光より愛を込めて。臥龍

次のページ

1 2 3 4 5

6

7

金儲けとは人儲け(臥龍の業績アップ通信 10月25日号)前のページ

臥龍の業績アップ通信(11月8日号)次のページ

関連セミナー・商品

  1. 顧客との強いキズナを武器に戦う経営

    音声・映像

    顧客との強いキズナを武器に戦う経営

関連記事

  1. 給料上げてくださいよ」と言われた。(角田識之の社長学2.0 9月22日号)

  2. 臥龍の業績アップ通信(2023年11月22日号)

  3. 臥龍の業績アップ通信(令和5年10月18日号)

最新の経営コラム

  1. リーダーが学ぶべき「日本の経営者の東西横綱」とは誰か?

  2. 第9講 JALがファーストクラスのコーヒーカップに障がい者アーティストのデザインを採用する理由 ―ウェルビーイング経営の戦略―

  3. 第145回『十五の夏』(著:佐藤優)

ランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. マネジメント

    第45回 社員の幸せを考えるブレない経営とは?~事例:チックフィルエー
  2. 経済・株式・資産

    第55回「今度こそ、分散投資で確実な資産運用を」
  3. 協会便り

    Track1 講演録の魅力とミミガク
  4. 人事・労務

    第24話 給料の中身とノーワークノーペイの原則
  5. 社長業

    Vol.37 自社商品を「作品にまで高める」デザイン
keyboard_arrow_up