menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

戦略・戦術

第2話  「人手不足?人手を省け!」

強い会社を築く ビジネス・クリニック

「何 でこんなに数値結果が出るのが遅いんだ!」

「人がやめたんです! 次の新人がまだ育っていないんです。能力が欠如しているんです! 何にしろ忙しいんです。 人手不足です!」

35年間この言葉は聞き飽きるぐらい聞いてきた。一方で幹部社員は「人件費を減らさなくては! 固定費の最大は人件費です。」とのたまわってい る。

この数年で年商120億円 経常利益8億円に急成長したX社がある。この2、3年で上場を目指している会社であるが、どうも管理部門がちぐはぐ で上場企業の管理水準に達していない。私がお邪魔して8ヶ月たったが、未だに全社のP/L,B/Sが締め切後23日もかかってやっとでてくる有様であ る。

何もX社だけではない。意外と中小企業で営業日5日~6日でP/L,B/Sが出てこない企業が多い。いたたまれず経理課員、システム課員を集め て状況を聞いてあげる。前述の泣き言が聞こえてくる。

「やかましい! 人は辞める、新人はすぐには育たない。今時の人間の能力は欠如している。人手があり余ってどうする! あほ!」人に頼るからこ うなるのである。

「人の能力に頼るな、システムに頼れ!」

実際調査して驚いた。納品書、請求書作成が納入業者、受入企業と共に以前と全く同じやり方を続けており、何の合理化・効率化・システム化もされ ていないのである。コンピューター化されていないのである。その理由は、小さな零細中小企業が仕入・取引業者にあるからという。調べれば「うそ」である。 手書きの指定伝票なるものを書かせている。

昔はそうであったにしても今時、パソコンのない会社や業者や家庭はないのである。指定伝票なるもの、統一伝票でもなければ共通伝票でもなければ 電子化伝票でもない。

世の中、こんなにパソコンの普及で便利になっている時代、発注、納品、請求支払いは電子事務が可能な時代、ノンライテイング時代であるから、も う書くことはやめよう。

少ない人手で正確性もスピードも可能な時代にまだ20~30年遅れているやり方を一部でやっている。

第1話  「原材料価格の値上げに対処せよ」前のページ

第3話  「中小企業の事務処理にもっと電子取引を!」次のページ

関連記事

  1. 第147話 進んでいますか? ノンペーパー(紙無し)・ノンライティング(手書き無し)

  2. 第30話 強い交渉人 ハードネゴシエーターたれ!

  3. 第27話 優良法人がどうした!

最新の経営コラム

  1. 第169回 「達人に学ぶ①アパホテル 元谷拓さん」

  2. 第4講 まず、担当者がお客様との正しい関係に合った対応をすること!

  3. 第19回 成長するフィンテック企業の戦略 ~ クラウドファンディング Makuake ~

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. マネジメント

    第125回 『自分は他人とどこが違うか』
  2. 社長業

    Vol.120 2008年・注目のベトナム3大都市  視察レポート 2
  3. ブランド

    <事例―31 キッコーマン(B2CとB2B)>日本の伝統的な調味料であるしょうゆ...
  4. 経済・株式・資産

    第75話 二極分化が鮮明になった中国経済
  5. 採用・法律

    第31回 『その広告は大丈夫?』
keyboard_arrow_up