menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

マネジメント

第157回 『正当化の使い分け』

社長の右腕をつくる 人と組織を動かす

 
《正当化》には、ふたつの種類がある。
 
何かをなぜやるべきであり、どうしてやるべきか…のタイプのそれと、
なぜできないか、なぜやるべきでないか…のそれと。
 
例えば、新しいプロジェクトがあった場合、
なぜやるべきか、どうしてやるべきかというポジティブな面と、
反対にネガティブな面が当然出てくるわけである。
 
 
ある社長の発言だが、
何か新規のプロジェクトに着手したい場合、
私大出、なかんずく某「都の西北」大学の出身者にやらせ、
その男が企画を出して一生懸命汗を流して手掛け、
多少ヘマをした場合、
後のフォローを国立大学出身者、なかんずく某「赤門」大学出身者にやらせる、
というのがあった。
 
 
ビジネスには攻めと守りがあり、両方のタイプの社員が必要である。
 
しかし、いかなる場合でも、
滔々(とうとう)とダメな理由を並べ立てるだけの社員は不要であると断言できる。
 
使い分けた形での《正当化》はよいが、《言い訳》になりすぎるのは困る。
 
頭の良いと思っている人ほど、またそう思われている人ほど、
一見もっともらしい《言い訳》が上手なのは、困りものである。
 
 
 

第156回 『マニュアルで自主性を殺すな』前のページ

第158回 『聴き上手は、思い遣り上手』次のページ

関連記事

  1. 第161回 『論理の糸を通す』

  2. 第104回 『取締役と部課長の違い』

  3. 第90回 『円は縁なり』

最新の経営コラム

  1. 第32回 経営改善のヒントが見つかる「3つの点検」

  2. 挑戦の決断(41) 新しい国の形を求めて(徳川慶喜・上)

  3. 第58回 奥塩原新湯温泉(栃木県) 肌が生き返る!?天然の泥パック

アクセスランキング

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. 社員教育・営業

    第56講 クレーム担当者が疲弊しない成功の極意(2)
  2. 健康

    第13号 痛みは逆流?!
  3. 人間学・古典

    第18講 「言志四録その18」権豪に近づきて、名を落とすべからず。
  4. マネジメント

    第156回 どうでもいい?話にこそ商売のタネがある
  5. 経済・株式・資産

    第101話 中小企業の事業承継(4)
keyboard_arrow_up