menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

戦略・戦術

第17話 聖路加病院 日野原先生にお会いして感嘆した

強い会社を築く ビジネス・クリニック

  先日、日野原先生と小野恵子さんの共著『習慣が「いのちの樹」を育てる』の出版パーティに招かれた。その際に聖路加病院の日野原重明先生と臨席して食事を し会話をする機会を得た。
 
 雑誌やテレビで拝見する以外、何の日野原先生に関する情報を持ってなかった。96歳の長寿で元気な人であることは知っていたが、長寿である事 を自慢げに話をする事。90歳以上になっても未だ大病院の理事長職を後人に譲ることなく居座っている事。に実はあまり良い印象を持っていなかったので す。
 
 私は、80歳以上でゴルフをご一緒する方が4人居ますが、その方々と比較しても非常にお若い。話の内容、スピード、質問に対する的確性におい ては私たち60歳代と同格でありました。むちゃくちゃ元気で聡明でいらっしゃり、スタミナがあるのには驚きを感じました。
 
 私は7時30分からの2時間の宴席にご一緒したのですが、3時~5時まで講話をされ、ホテルで休息してパーティに参加、多くの方々と名刺を交 換され、会話をされていらっしゃる。
 
 嫌な顔されず相槌をうち、宴席ではマイクをもっての挨拶も、私も同じようにパーティに参加しマイクを持たされましたが、はるかに上のレベルと スタミナでありました。
 

まず驚いた事
 
1、毎晩 深夜2時に床に就き起床は6時、睡眠時間は4時間で十分〈昔から〉とのこと
 
2、関西(西宮)のお育ちで京都大学卒業、関西弁をしゃべり、当たり前だが大阪に詳しい
 
3、横文字がすらすら、人名がすらすら、欧米人の詩人の詩をすらすら「えーとあれが、それ、あの、あの人」私の頭の悪いのとすぐに出てこないの とえらい違いです。
 
4、寝るときはうつ伏せで寝る。動物は皆、うつ伏せで寝る。内臓が重くって負担になる。上向いて寝る動物はなし・・・なるほど
 
5、夕食のフランス料理、全部平らげられる。すごい健啖家ぶりで、ここまでよく食べられるとは思わなかった
 
6、今後8年間死ねないとおっしゃる、理由は隣地をビクターから坪一万円で買い求め、大学を建てるとの事、文部省との交渉やら、先生の募集でま だまだ死ぬわけに行かないとの事
 

 私のように65歳で1つの区切りをつけ、70歳で半分仕事から足をあらい75歳で完全に仕事をやめ、80歳であの世に帰ろうとしている人間と は大違いである。
 
 「死ぬわけにはいかねえ!」と念じているのが長寿の秘訣かと思っていると日野原先生は、私に「始める事を計画したり、実行したりすると人間は 常に若いですよ」とおっしゃた。
 
「なるほど・・・」
 
 しかし、始める事ばかりして中途半端にすべてがなっているのもよくない。たたむ・やめる・削る をはっきりさせて、そして又何か新しい事をや るのはいいのでしょうね。

 

第16話 「長期固定金利の誘惑」前のページ

第18話 企業永続のために次のページ

関連セミナー・商品

  1. 第35期 後継社長塾

    セミナー

    第35期 後継社長塾

  2. 9巻 会社の病に効くクスリ

    9巻 会社の病に効くクスリ

  3. 井上和弘の経営革新全集 全8巻

    井上和弘の経営革新全集 全8巻

関連記事

  1. 第28話 B/Sの読めない銀行の支店長に出会うと大変だ!!

  2. 第143話 税務署伺いにはご注意

  3. 第14話 「自社の株譲渡」

最新の経営コラム

  1. 第121回 騒音を低減して、仕事も学習も効率アップ!

  2. 第20回 新事業は社長の情熱が成功を決める

  3. 第183話 ボタンを掛け違えたM&A

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. 人間学・古典

    第62講 「帝王学その12」 却って密院に送与せよ。
  2. 経済・株式・資産

    第62回 人にやさしい思想が人不足の時代に開花し始めた「PALTAC」
  3. 教養

    第77回『「超」独学法 AI時代の新しい働き方へ』(著:野口悠紀雄)
  4. 製造業

    第216号 レベル4改善の成否は社長次第
  5. マネジメント

    第21回 社員の幸せを考えるブレない経営とは?~事例:ボーズ
keyboard_arrow_up