menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

戦略・戦術

第152話 ホームページの採用情報を充実させなさい

強い会社を築く ビジネス・クリニック

「社員の採用がうまく進みません!」

「募集を打ってもなんの反応もありません!」

など、多くの中小企業が今、人材確保に頭を抱えています。

しかし、その対策を拝見すると、

「まだできることがあるじゃないですか!」というケースが多いのです。

 

例えばホームページの『採用情報』ページです。最悪なのは、人事採用担当の連絡先と名前があり、

「ご連絡をお待ちしています。」とだけ、あるようなページです。他にも、

「新卒社員の採用はこちらをご覧ください」

とあり、クリックすると、リクナビやマイナビなど、外部のサイトへ飛ぶパターンも多いです。

しかし、リクナビやマイナビのサイトも、基本的な情報の文字ばかりで、味気ないのです。最初からその会社に決めている人でない限り、文字だけの情報を見た人は、「なんだこんなのか」となります。

 

なかには、採用ページをしっかりと作成している中小企業もあります。

京都にある、株式会社工進もそのひとつです。

トップページの上にある、「採用情報」をクリックすると、

採用専用のページに移動します。そのページが、とても充実しているのです。

https://www.koshin-ltd.jp/recruit/

これだけで、通常のホームページ以上の情報量なのです。

「社長メッセージ」「キャリアプラン」

「社員紹介」「数字で見る工進」など、

それぞれ、動画、グラフ、写真などをふんだんに取り入れています。

 

たとえ採用上手な人事担当がいても、相手にできる人数は所詮しれたものです。

しかし、出来のいい採用情報ページは、はるかに大きな訴求力で、多数の閲覧者を引きつけます。採用活動の少人化・標準化が、できるのです。

 

就職活動をする人はほぼ皆さん、その会社のホームページを見る時代です。

要は、応募以前に、どんな会社か知りたいのです。どんな人がいて、どんな雰囲気で、どんなキャリアアップができて、社員の人たちがどんな仕事をしているのか、そんなことを知りたいはずです。

 

ならば、応募者が知りたいと思うことを、採用ページに掲載すればよいのです。

そもそも、自社の採用ページが今どうなっているか、ご存知でしょうか?

「人が来ない」と嘆く前に、採用ページの見直しを、してほしいのです。

 

ところが、「ホームページの採用ページを見直しなさい!」

と言うと、よくあるのが、

「うちにはそんなことをできる人材がいません…。」という返事です。

 

採用ページの充実を、自社の人材で対応する必要はありません。

製作会社に外注すればよいのです。自社で対応すると、その人がかかりきりになるのと、往々にして、その人しか対応できなくなってしまいます。

で、その人が退職することになったりすると、途端に困るのです。

 

専門人材が豊富にいるなら別ですが、システム系の会社でない限り、そんなことはないはずです。自社のホームページ制作会社に申し入れ、依頼すればよいのです。

いまどき、断る会社はないはずです。作ったことがない!というのなら、ここで紹介した、京都の株式会社工進の採用ページを見せて、

「こんなのを作りたい。」と言えばよいのです。

イメージさえわかれば、制作会社は動きだせます。

 

次に経営者が言い出すのは、

「そんなことをしたら、お金がかかります。」というものです。

実際、かかるでしょう。

しかし、リクナビやマイナビでも、数百万円はかかります。

そこにオプションなどを追加すると、5~6百万円は軽くかかります。

しかも、リクナビやマイナビは、大企業も参加しています。大企業と同じ土俵で勝負をしても、勝てません。結局、二番手、三番手、抑えの会社の候補に入るかどうかです。

 

それなら、リクナビやマイナビなどの大手採用支援会社に頼りすぎず、自社ホームページの採用情報を充実させるほうが、中小企業にとっては、独自の良さを伝えれるはずです。

自社ホームページの採用情報ページを、ぜひとも見直してください。

 

 

第151話 納税猶予はお勧めしません前のページ

第153話 令和時代は 労務課題の解決を!次のページ

JMCAおすすめ商品・サービスopen_in_new

関連セミナー・商品

  1. 第36期 後継社長塾

    セミナー

    第36期 後継社長塾

  2. 社長の財務戦略

    社長の財務戦略

  3. 井上和弘の「経営緊急7大インフレ対策」セミナー収録

    音声・映像

    井上和弘の「経営緊急7大インフレ対策」セミナー収録

関連記事

  1. 第134話 やっていますか、中間決算対策

  2. 第88話 即時償却

  3. 第21話 激動の経済の中で、社長が打つべき手

最新の経営コラム

  1. 「過去の歴史上の失敗から経営者は何を学ぶべきか」/『「超」入門 失敗の本質』著者 鈴木博毅氏

  2. 第168話 PADDA(パッダ) @名古屋市・栄 ~見事な肉料理

  3. 第67回 だから、中堅中小が攻め入れられる!

ランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. マネジメント

    第133回 社長になって良かったこと
  2. 仕事術

    第50回 音楽配信の今と未来
  3. 健康

    第26号 五行でみる鳩山政権閣僚の人間関係
  4. キーワード

    第81回 ニンテンドースイッチ
  5. マネジメント

    人の心を取り込む術(1) 心を攻めるは上策、城を攻めるは下策(馬謖)
keyboard_arrow_up