menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

ブランド

海外目線の外見チェック  -理想のポートレートを手に入れよう 「装い編」-

最高の自分を表現する 成功イメージ戦略

皆さんは企業のトップ・経営者として使用されている、ご自分のポートレートに満足されているでしょうか?
大概の方は、「どちらでもない」もしくは「No」なのではないかと思います。中には、写真を撮られること自体が
苦手な方もいらっしゃるでしょう。

しかし、そうも言ってはいられません。トップエグゼクティブのポートレートは非常に大きな役割をもつ
ビジネスツールです。

いつも感心させられるのは、欧米のエグゼクティブが用意されているポートレートの素晴らしさです。
これもトップエグゼクティブがイメージコンサルタントを使う大切な場面。写真うつりをよくする為の様々な
トレーニングを受け、その方の個性と企業イメージをより良く表現できるポートレート撮影を行うのです。

例えば、上記のようにビジネス上のイメージ戦略を踏まえた、効果的なPRツールになっている、
非常に完璧なポートレートを用意されている海外の方と、納得のいかないご自身のポートレートが
並んでしまったとしたら、如何でしょう?

人は何かと比較して「物」を見る生き物です。隣に素晴らしい写真があれば、
もう片方がそれ程悪くなかったとしても、「良い」と判断しません。新聞や雑誌のみならず、
web上の記事など様々な媒体が影響力を持つ昨今、このような機会は日常茶飯事です。

是非皆さんには、自信を持ってメディアに出すことのできるポートレートを、企業PRの一貫と考え、
早急にしかし慎重に戦略を練り、ご準備いただきたいと思うのです。

そこで、今回はポートレート撮影の際に重要なポイントの中から、「装い」におけるチェックポイントを上げます。
いい写真が撮れ難い原因はその方それぞれではありますが、最低限こちらを取り入れていただけるだけで、
現在持っていらっしゃるポートレートより、一層スマートで清潔感のある、
強く知的なイメージが印象付けられるものを撮る事が出来るのです。

1.「Vゾーンのベストバランスを目指す」

バストアップのポートレートをとる際に重要になるのが、Vゾーンの整い方。
ネクタイのノットのサイズや襟の形、スーツの襟空きの大きさなども大切ではありますが、
何よりも大切なのは、ワイシャツのボタンは一番上まで留め、襟の根元と結んだネクタイのノットとの間が
空かないように、キリリ上まで上げること。
ネクタイが体の中央に真っ直ぐさがっているか確認。
そして、Vゾーンから見えるジャケットの下のワイシャツに、皺が寄らないようにすることです。

2.「素材・形・サイズに風格が表れる」

ジャケットやワイシャツのサイズが少々大きいだけで、それを着用しているご自身の存在が
貧弱に見えてしまいますし、反対にピチピチすぎるものは、窮屈そうで余裕がないイメージになります。
大切なのは、ご自分の体型とサイズにあった物を着用する事。
写真撮影の時だけでなく、常日頃からこのような物を着用することで、いつ誰に見られてもきりりとした
印象を与えられます。また、それがご自分の体に馴染ませることで、気持ちにも余裕ができ、
ゆとりと風格が漂うようになるのです。

また、撮影をされるときに着用するものは、可能であれば撮影直前に着替えていただくのが良いでしょう。
皺がないスーツで撮影したポートレートは、キリリとしたイメージに格段の差が表れます。

3.「撮影に適した肌の準備も!」

男性の肌は非常に皮脂分泌が活発。特に額や鼻、頬などが非常にテカリやすく、
写真撮影に不向きな状態です。洗顔をし、すっきりした肌にしておくこと。
または、油をおさえるペーパーでその部分をおさえ、さらにフェイスパウダーを少しつけておくと
最適な状態をつくることができます。

4.「髪は顔のフレーム」

髪の質にも様々ありますが、知性を表す「額」のあたりや、相手の話を聞いているメッセージを
伝えることも出来、清潔感とも関連のある「耳周り」には、髪がバラバラかからないようにすっきりさせましょう。
撮影を控えた散髪は、5日くらい前に行ってこられるのが理想です。

また、髪につけるヘアスタイリング剤は、あまりべったりしないタイプで、自然な艶のあるものが理想的。
このような物を使用することで、立ち上がってしまうタイプの髪も押さえる事ができます。
さらに、髪の自然な艶が増す事で、非常に健康的で若々しい精悍なイメージになります。

これらポートレート撮影における「装いのポイント」は、講演などの際にも取り入れていただけますし
、日常でも気にかけていただきたいビジネスシーンでエグゼクティブとして他者から見られる方に
必須のチェックポイントです。

次回、「表情とポスチャーのポイント」をご紹介するまでに、是非これらを自然にこなして、
理想的なポートレートへの準備をしてみてください。

海外目線の外見チェック -2年目のクールビズ-前のページ

海外目線の外見チェック -理想のポートレートを手に入れよう「表情とポスチャーのポイント」-次のページ

関連記事

  1. 握手は成功の鍵

  2. イメージ戦略の一般論と罠 その3「ブランドの罠」

  3. 男の華(アクセサリー)その1

最新の経営コラム

  1. 第183話 ボタンを掛け違えたM&A

  2. 第153話 さとう@川崎市☆新百合ヶ丘 ~地域密着でがんばる凄い海鮮ちらしの寿司屋

  3. 第195回 BCP(ビジネス・コンティニュー・プラン=事業継続計画)について

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. 製造業

    第153 号 多能工化のすすめ
  2. 不動産

    第64回 「 ごった煮 」マンションは入居者の層が異なり管理組合等で問題多発
  3. マネジメント

    挑戦の決断(40) 買った恨みは身を滅ぼす(本多正純のその後)
  4. マネジメント

    第15回 医療制度は患者視点を。医者視点で消えてしまった「混合医療」の火 
  5. 新技術・商品

    第42話 SDGsって、手軽なところからこそ
keyboard_arrow_up