menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

ブランド

社長の価値を高める 「Theプレジデンシャル・イメージ A to Z」 ~トップのイメージが企業価値を創造する!~ 2012年、新年の誓いを「”見た目”力」にする方法

最高の自分を表現する 成功イメージ戦略

明けましておめでとうございます。皆様におかれましては、素晴らしい新年をお迎えになられたこととお喜び申し上げます。こちらNew Yorkも晴れて暖かな新年を迎えました。昨年は3.11東北の震災を始め、世界中で自然災害が起き、経済的にも大揺れの1年となりましたが、そこから立ち上がり、前を向いて進んでいける、そんなイメージの年明けです。


さて、本年度最初の今回は、「2012年、新年の誓いを“見た目”力にする方法」についてです。会社の年度始まりは4月である企業も多いかと思います。しかし、やはり新年となれば、昨年の様々なことを基に、心新たに今年のビジネス展開を決め、それに際して接点を持つであろう人々やアピールしたい事柄、これから開拓し広めていく地域などを明確にし、それを自分の心に誓うもの。それは洋の東西を問いません。アメリカでも、ニューイヤー・レゾリューション(新年の誓い)として、新たに迎えた年に自分が始めようと思うこと、実現しようと思っていることを宣言してみたり書きだしたりします。


かくいう私も、2012年、自分そして弊社のビジネス計画を基に、それがどのような事かを具体的にあげてみました。例えば、仕事の規模が大きくなること、よりグローバルなビジネスエグゼクティブと活動を共にする機会がより増えること、より指導的な立場を求められること、経営者そしてプロフェッショナルとして更に人前に出る機会が増えること、一線のファッション・ビューティの業界ともさらに繋がっていくこと、NYと東京を始めとしその他の地域とも行ったり来たりするようになるであろうこと、などなど。このように一つずつ上げて行くことにより、それらの場面で求められる自分の存在感や、必要かつ相応しいイメージがどのような物か明確になってきます。それを踏まえ、ご自分そして企業の価値を高めるイメージブランディングとマネジメントとしての「身だしなみ」や「見た目」を準備。これこそ、今年1年、モチベーションを上げる高く保つことができ、ビジネスを一気に加速させ成功に導く有効な方法です。

ビジネスには時間的制約が常に付いてまわる為、「身だしなみ」を含めた「見た目」で相手を判断せざるを得ない、これは事実。さらに、グローバル化が進む昨今では、言語以上に重要視されるのが「身だしなみ」や「見た目」のイメージ。何故なら、それはその人の選択であり意思表示だから。そして価値観や考え方、内面的な本質や教養が自然と現れているからなのです。
そうなれば、2012年の誓いを実現させ、飛躍の年にする為にも、今年想定されるどのような場面でも自信を持つことができ、相手から信頼され、御自身を一瞬で表現することのできるパワースーツを新調することから始めましょう。昨年よりも今年、さらなる発展を考える社長やビジネスパーソンであれば、そのポジションと身を置く場面に合った「身だしなみ」や「見た目」は、成功者の条件です。それと同時に、見た目で自分の立場を伝えられる事は配慮であり、出会う人に対しての礼儀なのですから。


そんなパワースーツを用意する際には、同時に次の物も揃えるのが望ましい。それはスーツに合うドレスシャツ2枚、そのスーツとシャツの組み合わせに合わせたネクタイを各2本ずつ、計4本。2枚のシャツは、今年どのような場面があるかを想定し、その場面で御自身をどのように表現することが適しているかを考え、同じスーツでも対応状況の幅を広げたいのであれば、1枚は白の織り柄、もう一枚はブルーなどのカラーシャツ。襟の形を変えてみるのもイメージの幅を広げるには有効な手段です。そして、それぞれのシャツに合わせたネクタイ各2本×2=4本。望ましくは、どちらのシャツにも合わせられる事。ネクタイ1本でTPO毎にイメージがさらに広がり使い分けができるので、大概の場面に対応する準備が出来るのです。この新調した1セットを基準に、現在お持ちの物をサイズ調整や入れ替えをすれば、今年のビジネス目標への準備が一つ整ったも同然です。

先日も日本で講演を行った米国人の知人エグゼクティブが言っていました。「その場面に相応しい見た目や装いを知って、文化の違いによる振る舞いの基準を事前に教えて貰っていたから、事前にそれらの準備ができ、当日は気持ちに余裕を持ち、自分がそこで伝えるべきことに集中できた」と。そう、「身だしなみ」「見た目」のイメージを相応しく、明確にすることは、他者にあなたが何者であるかを一目で伝え、信頼感を与えると同時に自分も時間と気持ちの余裕を得て、その場ですべきミッションに100%力を注げます。従って結果が出せ、成功への階段を着実に上っていくという仕組みなのです。
さあ、2012年の始まりに、今年の御自身に相応しい身だしなみの基準を整えましょう。必ずやあなたに力を与えてくれるはずです。


次回は、前回の続き「The プレジデンシャル・イメージ A to Z」のC。カラー(collar)=襟の第二回目をお届いたします。

社長の価値を高める 「Theプレジデンシャル・イメージ A to Z」 ~トップのイメージが企業価値を創造する!~ C・・・カラー/襟元が決める男の顔つき―その1前のページ

社長の価値を高める 「Theプレジデンシャル・イメージ A to Z」 ~トップのイメージが企業価値を創造する!~ C・・・カラー/襟元が決める男の顔つき―その2次のページ

関連記事

  1. 鼻にまつわる重要イメージ その2

  2. 一流の足元 2 -ズボンの丈-

  3. 【ビジネスドレス考】 スタンダードなスーツとは? -「黒」という色-

最新の経営コラム

  1. 第169回 「達人に学ぶ①アパホテル 元谷拓さん」

  2. 第4講 まず、担当者がお客様との正しい関係に合った対応をすること!

  3. 第19回 成長するフィンテック企業の戦略 ~ クラウドファンディング Makuake ~

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. 戦略・戦術

    第2回 M&Aが効果的な目的とは?
  2. 不動産

    第18回 用地取得前に「マンション」にするか「戸建建売」にするかの検討が大切
  3. コミュニケーション

    第169回 「達人に学ぶ①アパホテル 元谷拓さん」
  4. 健康

    第30号 目は口ほどにモノを言う
  5. 健康

    第33号 骨盤に宿るインナーチャイルド
keyboard_arrow_up